読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第24号 2009.01.24

○リズム感をつける

 まず、確実に強拍に踏み込んでから、アフタービートにのって放すグルーヴの
動きを捉えておきます。(音楽、曲、リピート、リズム、グルーヴ、音色中心の
動きなどを意識します。)
1音の音のタッチに音色が出て、次に2つ目の音との関係で音楽の演奏が
始まります。タッチとは、その人の表現のやり方といえます。これを一曲で
描いていくのです。
 楽譜を歌うのでなく、そこから、その歌の本質を取り出し、自らの呼吸で流れを
つくり、音楽たらしめていく。その一端だけ経験し、体と感覚に、自らの声の動き、
呼吸とともに入れていくのです。
 フレーズの中では、出だしから次の音へのつなぎは、そのあとの方向性を決める
大きなポイントです。もちろん、そのフレーズのまえの息(ブレス)もこれに深く
関わってきます。
 海外では、音(息)の強さ、音色とリズム・グルーヴで打楽器的に声をたたみ
かけて(言語感覚そのままのリズム、子音中心)結果として、メロディや高低を
処理します。この感覚の切り替えこそが、ポイントです。

 普段からノリのよい音楽を聴き、体でリズムに慣れるように心がけること、
これからでもたくさんのリズムパターンを体に叩き込んでおくことです。
(ジャズ、フラメンコ、ラテン音楽をお勧めします。)3拍子の感覚を
身につけるには、馬に乗ったときのタンタータン、ダンスのズン・チャッ・チャッの
リズムが基本です。ダンスミュージックなどを聴いて、体を実際に動かして
みましょう。楽器演奏を聞くのがよいでしょう。ヴォーカル教材より、
楽器の教材によいものが多いです。

○テンポをキープする

 音楽はいくら複雑なメロディがついても、一定のテンポとリズムパターンを
乱してはなりません。とはいえ、そこで感情を込め、部分的にメロディやリズムを
フェイクしてもよいのです。そのズレこそが、個性であり、歌唱の本髄なのです。
しかし、テンポの感覚を失って戻れないと、元も子もありません。
 ですから、最初のテンポを曲の最後まで保つこと、つまり、一定のテンポ感を
保つことを身につけましょう。ドラムやベース、リズムボックスで学ぶのも
よいでしょう。
 自分の歌を、リズムで読んでください。楽譜をみて、メトロノームにあわせ、
音符を打楽器の楽譜と思って、叩いてください。足は、小節の頭を打つと
よいでしょう。これを何度もやって、体に覚えさせてから歌うとよいでしょう。

○音程を正す

 音程をはずす、リズムののりが悪いなど、それをどう直すかでなく、
そんなことが起こっていることがもっと大きな問題なのです。
 つまり、本来、問題に上がってこないために、一流のアーティストがしても
いないトレーニングを、そこに設定することの意味のなさを考えて欲しいのです。
それだけ音楽の世界に親しんでいない、よく聞いていない、ていねいに音を扱って
いないことの表れですから、クイズのように、正誤問題であたった、はずれたと
いうのは、楽器の初心者ならともかく、芸事には、かなり余分なことです。
それをトレーニングするなら、その課題ができるのでなく、そのうち無意識に
歌の中でおかしな流れにならないように、結果が出てくるようにするためです。
 つまり、より心地よく快感に相手に伝えようとし、その声の起こしていることを
繊細に把握していく能力がつけば、正されていくと考えてください。
音楽そのものを聞き、感じ、体や息を動かすことから学ぶのが本義です。

 積極的に声を出し、歌に慣れることが第一です。自分にあった歌で音域や音程の
高低幅が少なく簡単なものにしましょう。簡単な音階の発声トレーニングを
するとよいでしょう。発声がよくなれば自然と音程も狂わなくなることが
多いものです。まず量、そして質にしていくのです。

○楽譜の習得(読譜力、初見力)について

 楽譜は、音の高さ(ピッチ)と音の長さを表わします。瞬時に出ては消えていく
時間軸の音楽を空間に目でわかるようにしたものです。そこに示された、論理、
秩序、法則性(作曲家と音楽のルール)が音楽の形です。解釈や比較、他の人への
伝達に便利です。ヴォイストレーニングをするくらいの人なら、マスターしましょう。


-------------------------------------------------------------

Q.レッスンには、できない地を出した方がよいのですか。
目一杯見栄をはってでも、できるふりをした方がよいのですか。

A.トレーニングには、背伸びした人を見本にとるほうが参考になります。
レッスンも少し背伸びして入れていくことが大切なのです。すでに入っているものに
安住せず、そして、入っているもので邪魔しないことが、トレーニングの本質です。

広告を非表示にする