第30号 2009.03.07

○トレーナーの条件とは

 この国には、トレーナーとして大した人材というのは、
まだあまりいないかもしれません。私も十代のときに、全国の先生を
探し回りました。その結果、クラシックの大家と海外のトレーナーに
頼るしかなかったのです。(この方々は、その後、それぞれの世界の
第一人者となり、私も人を選ぶ眼だけはあったと、うれしく思ったものです)

 今もそう変わりないと思います。より複雑になってきたのと、
やっている人の人数が増えただけです。
 一生、信じるに足りる声、それを導くトレーナーとは、そう簡単に
めぐりあえません。第一に、あまり教わろうと思わない方がよいでしょう。
その人自身でなく、その人の育てた人の声をみてください。

 だいたい20歳前後のときというのは、何もわからないままやれるというのが、
可能性です。特に今の日本人の場合は、芸事の形の基本や経験がありませんから
続けるのも難しいようです。
 日本教育の中では、他の国に比べて、音声表現に対する耳、
発声器官のコントロール能力がありません。そこから始めるべきなのに、
多くの場合、素通りです。ですから、うわべは上達しても、とことん不毛です。
声の根本の条件はほとんど変わりません。

 第一に多くの場合、音を聞き分ける耳を持っていません。
トレーナーの声を聞いてください。その声に惹かれますか。
あるいは、まさに声だけでしょう。その声がよければ、ましな方です。
大半は、その声も普通の人と変わらないのではないでしょうか。
 日本人の音声に対しての意識がいかに低いかということがわかります。
トレーナーの声には、惚れ惚れするものです。欧米のすぐれたトレーナーの
声を機会があれば聞いてもらいたいと思っています。

 こういう世界は独学がベースです。どんな先生についても、
24時間一緒にいるのではありません。信じる分、効果は出ます。
だから、相手を信じ切った方がよいともいえます。選んだら信じることです。
それは、選んだ自分自身を信じられるかということなのです。

○一つの方法を盲信しないこと

 もちろん、私は、一方的に信じてくる人は、どちらかというと敬遠します。
信じるということは、効果を出すための条件ですが、責任を相手に任せている
だけの依存症に陥らせることも多いからです☆。
 創造や表現が目的ですから、これはよくありません。
なかには、次々にトレーナーを変えている人もいます。
 安易に信じる人ほど、安易に裏切るのは、どの社会でも同じです。
よい先生をみつけたといって辞めては、また2、3年たてば、戻ってくる人も
います。ここにもたくさんの方が、他のスクールやトレーナーの元から来ました。

 大体、自分自身で最初に選んだところを辞めるのに、愚痴を言ってくる
ような人は、また同じことをくり返すだけなのです。他のトレーナーの肩を
もつ気はありませんが、そういうなかには、「勘がよいなあ」とか、
「びっしりと鍛えられてきたなあ」という人はほとんどいません。
せっかくトレーナーについたのに、不平不満ばかりで肝心のトレーニングが
たるんだ(日本では安心させるのがいいトレーナーみたいに思われているから
尚さらですが)のでしょう。

 私は、その人をみるときには前歴や性格でなく、将来の舞台の可能性、
テンション、才能と作品でみます。その人が社会人としてどうであっても、
ステージでの作品が素晴らしければよい。
 たとえ、その人が人間的にどうであっても(もちろん、これは20代前半までに
限ってですが)、創造力や発声は信じられるというところでみているのです。
その才能や素質があれば、そこを伸ばせばよいと思います。

 それを一緒にしてしまうから、トレーニングもおかしくなってしまいます。
「よい人だから」「まじめだから」「一所懸命やっているから」、
そんなことだけでやれてしまうほど、甘い世界ではないのですから。


---------------------------------------------------------
<今週のQ&A>

Q27.教え方は時代とともに変わるものではないでしょうか。

 ヴォイストレーニングの講座というのは、私もかなりスクールや
プロダクションを手伝って立ち上げました。そして、ヴォイストレーニングや
ヴォーカルスクールがたくさんできました。ただ、そういうところでは大体
1、2ヶ月で辞める人が大半です。

 ここは、その頃は敷居が高く、その代わりほぼ全日制、毎日来て
5、6時間レッスンが受けられました。多分、今その体制をとっても、
来る人はかなり少ないでしょう。世の中が変って、今一生懸命なのは
お笑いの方や声優、役者さんです。ここにくる人も、徐々に移ってきています。

 その辺もヴォイストレーニングということとの難しさです。
これからやっていくヴォーカリストと最もいい関係をどうつけるかというのも、
5年ごとくらいに大きく変ってきているところです。
ここの体制も変えて、個人レッスンだけにしました。

広告を非表示にする