読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○研究の3条件

○研究の3条件
 今の私で毎月何十人、トレーナーも入れると毎月何百人とのレッスンでの接点をもつ、この研究所では、日々いろんな問題が生じています。あるものは持ち込まれ検討に、あるものは新たに対策をたて、あるものは改めることを余議なくされています。いつもバタバタと対処に追われているわけです。
 (組織というのは、ありがたいもので、私に持ち込まれる前にトレーナーやスタッフが対処し、本来は私が1時間かかることを1行の報告ですむこともあります)
 これは、まだまだ声という得体のしれないものについて、事例をたくさん必要とする研究において、とてもありがたいことです。教育や指導の前に研究の体制が充実していなくては、大きな成果をあげられるはずもないでしょう。
 トレーナー個人の研究は、その基礎です。が、それを元に多くの事例を吟味し、分析したり解釈したりして「仮説」を構築しつつ、第三者の目を通して実証、証明していかなくてはならないのです。ようやく、そういう体制が整い、私自身、内外の研究所や、その実践者に会い、研鑚の機会が増えたことをありがたく思っております。
 
 それには、スタッフやトレーナーの質とともに、いらっしゃる方の質も大切です。数だけではありませんが、やはり、勤勉な人の声に接することが何よりも大切です。(私たちトレーナーは、そのときの症状のよしあしを診る医者ではなく、将来に向けて力をつけさせることが役割だからです)しかも一人ひとりの人に5年、10年と、長く接していかなくてはわからないことがたくさんあります。
 つまり、
1、数の多さや年月(時間)の長さ
2、種類(タイプ)
3、質(熱心さ)
この3つがそろっていなくてはならないのです。ですから、研究所でも一万人、30年間と、10年いた人が100人の単位、プロやそれで著しい成果を上げた人が100人の単位というので捉えていくのを、ここのところの目標と考えています。これまでもほぼ、こういう条件は、日本で唯一、成り立たせていたのですが、それをきちんと捉えることに方法やシステムがまだ確立しておらず、曖昧であったということです。加えて、私だけでなく、トレーナーや研究機関といった第三者に認めてもらう形でデータにしていく体制が必要だということです。

表現者と接して
 私は、最低で5年間というのがトレーニングということでの実績、レッスンというものの最初のステップでの判断の目安だと思っています。どの世界においても、3年くらいは、初心者から一歩抜けたところ、一通りものがみえるようになった程度にすぎません。オリンピックであれ、まともなレベルの競技であれば、経験3年以内では、優勝はおろか、出場している人は稀でしょう。将棋や碁でも、噺家でも芸者、医術、武道においても、思いつくままに、何らかの一芸、一道、一分野で頭角を現すのに必要な単位は、およそ10年が最小ではありませんか。
 ただ、専門的な教育を受けずともデビューくらいはできてしまい、勘がよければ現場で力がついていく、数少ない分野の一つが役者や歌手だというものです。
 そのためかそのことに関わるヴォイトレも軽視されているように思います。それは、特にトレーナー自身の経験において、あまりに絶対量が少ないということです。まるでヨーガの初心者かスポーツインストラクターの1年目くらいのスタンスでやっている人も少なくないのです。(入ってきた生徒さんをいきなりトレーナーとして雇うようなスクールも珍しくないわけです)
 最近はそういう方が、ここにも学びにくるので、歓迎しつつも、あたりまえのことをあたりまえに、くり返し述べざるをえないことが多くなりました。せめて、音大を出たくらい、といっても、音大を出たくらいでよいと思われるといささか困るのですが、3,4年くらいは舞台や社会経験も踏まえ、他人の指導を受けたり、その指導者の横で学ぶ必要があるように思います。
 他方で、問題に感じているのは、プロ(現場)からいきなり指導者になるパターンです。音大では、必ず誰かに学ぶし、同期や先輩、後輩をみて、その成長や伸び悩みという他人の経験を同じステージで共有します。ミュージカルや合唱なども少々は、そういう類の経験がもてます。(同期と比較したり、時間をかけて他人の経年変化をみるということ)
 ただ、タレント性で役者や歌手になった人は、声や歌唱ではソロで、自分にしか通じない自己流です。
 本来なら、まだ修行を積まなくてはいけないのに、本業で挫折し、(それは、スポーツトレーナーでもケガなどが大きな理由で転向する人が多いのですが)生計のために、そのまま指導にまわる例です。いちいち例をあげてはキリがないし、またここでの本位ではないし、今の研究所がそういう人たちのいらっしゃる場にもなっていることで、割合いたします。ここ5年くらい、レクチャーやレッスンでの問題として、特に目立つようになってきたということで、今回は締めくくっておきます。

○表現と基礎との距離
 地方からいらっしゃる人について、ここにはよくプロやプロ志望の、あるいは、そこで歌の先生に学んでいる人がきます。ここでの通信教育で学んでいて、お会いする人も少なくありません。
 そのときに、ときとして、一番面倒な問題となるのは、声の問題以前にその人の考え方、判断の枠組みの頑なさです。
 私はいつも、「声、ことば、歌は、日常の24時間、生涯の生きてきた時間、育ってきた環境と切り離せない関係にある」から、「日常を変えなければ大きくは変わらないこと」を強調しています。
 この連載でも、もっともメインにしているのは、「1,2年で1~2割よくなって、そこで止まるレッスン、トレーニング」と、「3年先から基礎が身についてくるレッスン、トレーニング」との違いのことです。
 これは「ヴォイトレが、なぜ本当の基礎づくりのトレーニンとして行われていないのか」という、まさに、「あたりまえのことがあたりまえにできていないこと」、それなのに、「できていないことに気づかないこと」を言っているのです。といっても、私は他のトレーナーが能力がなくて、ここのトレーナーや私自身がそういうことを全て解決していて有能と言っているわけではありません。正直なところ、ここでも
1、 成果が出ていない
2、 少ししか成果が出ていない
と言わざるを得ない例もあります。
 体験談や効果としてアップしていることは、よかったことばかりのようですが、これは、私どもがよいものばかり選んで載せているのではありません。悪いことを書いて出す人はいないからです。とはいえ、日々のやり取りのなかでは、ときに大きな問題になるようなことも入っています。
 ただ、いつも述べているように、「成果とはいったい何か」、少しの効果とかたくさんの効果などということよりも、求める成果とは本当のところ、何なのかを明らかにしなくてはなりません。(このことについては、近日中にもう少し事例を述べるつもりです)
 ここのところ、私が取り組んできた問題はこのことです。(多方面からのアプローチを専門家の方々としています)さらに、これらは複数のトレーナーとレッスンを行っている、ここでは、日常化している問題だからです。
1、 効果があったが、他のトレーナーならどうであったか(もっと効果が上がった、同じくらいだった、上がらなかった、悪くなった)
2、 効果が出なかったが、(以下同)
3、 効果が出ているが、(以下同)
私が思うに、9人のトレーナーがだめでも、1人のトレーナーが解決できるものもあるわけです。これは研究所のなかで、9人がだめでも、まだ5,6人のトレーナーがいるとか、研究所がダメでも、他のところにそれを解決できるトレーナーがいるとか、研究所の内外で考えているわけではありません。
 トレーナーの数などでなく、その相手との組み合わせがどう出るかということになるわけです。同じ人でも目的、時期、レベルにもよるわけです。
 結局、これまでも述べてきたように
 「誰にでも万能なトレーナーはいない」
 「そのトレーナーが自分にとって、もっともよいトレーナーかはわからない」
 それゆえ、
 「自分自身で少しでも判断できる力をつけていく」
 ことになるわけです。トレーナーを判断する力も入りますが、それよりはトレーニングそのもの、いや、その結果としての声そのものを判断する力ということです。
 今までついているトレーナーを替えて、ここにいらっしゃる方もいるのですが、どんなトレーナーでも全て否定されるようなことはありません。必ず、どこかは、何かは、誰かにはメリットがあるのです。
 トレーナー自身も相手により、(目的、レベル、期間etc.)変わるものです。成長もするし、方針ややり方も変化します。(もちろん、そのような学べる環境におかれたらですが)
 今、私は若いトレーナーもみています。彼らも、ある時期を経て、発声の基準や方法、教え方などが変わっていきます。大体は成長していくものですが、ある人にはより向くようになるが、ある人には向かなくなることもあります。
 ここでは、レッスンの感想レポートをトレーナーにみせています。トレーナ―にもいろんな引き出しがあるので、それに工夫して対処していく力をつけてもらうためです。
 「自分なりに選んだトレーナーと長く密にやっていくことで、自分が使えるトレーナーにしていく」
 「そのトレーナーの才能を全開させるようなレッスンにしていく」
 ことが、最終的にはすぐれた接し方です。私もそういうすぐれた生徒さん、またトレーナーたちのおかげで、ここにいるだけで、誰もが経験できるわけではない多くのすばらしいことを学ばせていただいています。それは、私自身が決めつけた答えをもたずに、私のやり方を押しつけずに使えるトレーナーに育て、そのヘッドになるようにしてきたからです。自分ですべてをやるのでなく、他人の才能を見抜き、レッスンの役割を分担してきたからです。こういう相手を育てたり、相手の仕事をつくる考え方こそ、生徒に接するときに大切なものなのです。
 二十代の頃は何もかも一人でやろうとして、あまりに膨大なやるべきこと、知るべきこと、生徒の数やレッスンの量に忙殺され、悩んだこともありました。
 当時まわりは、レッスンだけでも大変な私に、ステージから打ち上げ、合宿からライブ、研修、構成、取材、執筆と、さらに歌えや踊れや、書けや活かせや、プロデュースせい、マネジメントせい、飲みに連れていけ、話を聞け、世に出せ、誰かを紹介しろと、何もかもを期待し、要求してきました。それを脱ぎ捨て、本当に大切なものだけを残したのが、今の研究所なのです。これからさらに削ぎ落していくつもりですが。

○思い込みの排除
 レッスンを受けようと思い、くる人は少なくとも今の自分を変えたい、よりよくしたいという思いのある人です。ですから、7割くらいの人は、今ここにあるレッスンを肯定的に受けとめてくれます。レッスンというのが、正しいとか間違いとか考える人は、やや思い込みの強い人に見られます。あるいは、あまりよくない先生や本などで学んでしまって、却って目が曇らされてしまったと思わざるをえないこともあります。(こういう人の問題は以前に詳しく述べました)勉強して、レッスンすることを頭が邪魔をしてしまうような人です。私のレッスンは本を読んでくる人が多いので、その傾向が元より強い人もきます。また、学んでいくうちに、心身や声そのものよりも頭ばかりがでかくなる人もいます。(トレーナーになるような人にもこのタイプは多い)
 その世界に接すると、接する前よりも見えなくなってくる現象については、前に述べました。それは、1年半くらいたって、少し身についてきたあたりから表れてきます。トレーナーも似ています。1年少しで、自信が高慢になる人もいます。遠慮し謙虚になってまわりに学んでいたのが解き放たれるからです。車の事故も大きいのは免許取得後1年くらいが多いそうです。

○ビギナーズラック
 ビギナーズラックについて、やっていないのだから、やった分は伸びてあたりまえのことです。自分の潜在能力、余力の出る時期が過ぎ、その世界の人並みになるとあたりまえにように、伸び悩むようになります。すると、いろんな疑念が生じるわけです。
 また、これはプロや経験者が、専念していたトレーニングからふと我にかえり、もしかしたら、大してものになっていないのでは、と俯瞰して気づくような時期にも重なります。
 この1年半が、3日とか3週間、3か月でくるような人もいます。勘や、頭はよいけど、それゆえ大成しないタイプです。知識面はともかく、芸事や仕事にはそんな知識は害にしかならないからです。そのことに気づかない、知、理論、科学が万能ということの信者です。つまり、芸や人間の深さを知らないのです。これは自分は一番とか、他人よりもできるとか思っている人に多いのです。特に日本では頭で評価されてくるので、本人は他のことも同じようにわかると思いがちなのです。「わかるとできるは違う」ことは前に述べました。

○できるということ
 たとえば「地声でしっかり歌っている」「地声で歌いたい」という人がいたとします。トレーナーが裏声(ファルセット)のレッスンをしたとします。すると、すぐに「これはいりません」とか「歌に使いません」という人です。
 言う分には構いません。そう思っているのを伝えるのは悪いことではありません。地声のレッスンを望んでいるなら、そこをやるのがあたりまえです。しかし、それではトレーナーはなぜ、そうでないことをしたのでしょうか。
1、 知らなかったから
2、 必要だと思ったから
1なら、本人が知らせたらよいのです。しかし、なかなかトレーナーには言いにくい人もいるので、私どもではメール(感想レポート)やスタッフを介在させています。
 そういうレポートを使うのも使わないもの本人次第です。しかし、事前にも事後にも次回のレッスンに向けて、レポート(現状や本日のレッスンへの希望)で検討や判断ができるようにしています。
 しかも、本人が判断がつかなくとも、他のトレーナーやスタッフ、私などもトレーナーの報告(これは必須)、本人のレポート(これは自主的)をみてチェックして、必要があれば対策を考えるわけです。とはいえ、毎回のレッスンで効果をあげたり、一つひとつの是非にこだわることが、必ずしもよいことではないというのが、声の難しいところです。
 
○検証する
 知識のように最初から○×が決まっているわけではないからです。その日によっても違うのが声ですから、将来どうなるかはすぐにわかるとは限りません。ここを間違えないでほしいのです。
 というのも今の日本人には、5年10年と何かを身につけていく経験をしたことがない人が増えているからでしょう。頭で学んでいくことしか経験していないから、なおさら、その判断について、自分にとってよくないことをしてしまうのです。
 ですから「思考をストップして、まずは受け入れてみる」これが本当に頭がよく、体で結果を出せる人です。いえ、「体で結果を出せることを頭がよい」と、私たちの世界では言うのです。本当に頭のよい人は頭を使わないことができるのです。それが大切ということを知っているのです。
 
・具体的に事実をもって検証する。
・いろんな例外や他の可能性を否定しない。
・長期的に反復して確証を高める。
こういう基本的なことを踏まえていると、単純に、「自分だけが正しい」とか、「自分と違うから間違いだ」とか、そんな浅いレベルの発言をしないでしょう。
 学ぶほどに知るほどに、経験するほどに問いがたくさん出てくるものです。つまり、進歩するとは、「知らない」ということを知ることなのです。
 「わからないけどできている」それでよいのです。わかろうとする努力は必要ですが、それは答えを求めるのでなく、問いをつくる、気づくことに意味があるからです。
 「答え」は、あなたの表現、ステージ、人生で出せばよいのです。まして、声やヴォイトレは、何かのための手段でしょうか、これらはメディアです。そこだけで、よしあしを言うことはできません。
 本やTVやネットで、いいとか悪いとか言っていたところで、そんなものはいろいろな見解があるというだけのことです。現実での、現場での内容こそが大切ということなのです。そして、時間をかけて本質に少しずつでも近づいていくことがレッスンの本意です。

 問題に戻って、「歌に対してのヴォイトレ」、これをどういうスタンスで捉えるかについては、何度も言及してきました。応用の基礎とか表現のトレーニングというくくりでも述べてきました。
 私の述べる狭義のヴォイトレは、「声」
1、 共鳴
2、 発声
3、 呼吸(体)
の次元でそれぞれ、あるいは、その関連をもって捉えるのです。しかし、広義には歌やせりふまで入ります。「話」の基礎として、その技術、あるいは声の機能面として日本語、その発音、アクセント、イントネーションなども含めています。(「声の基本図」参照)
 しかし、それをチェックするためには、現実的には目的にすべき表現、その人の世界観まで、必要とせざるをえないので、上位に「表現」というのを置いています。(表現と声との問題だけみるケースや声の表現の判断やアドバイスだけをしているケースがあるのは、これまでも述べてきました)
 今のステージのために応用するのが歌です。その状態を調整するのが即興的な歌のレッスンです。それに対し、将来のための基礎づくりとして、条件面を鍛えていくトレーニングとしてのヴォイトレを私は目指してきました。それゆえ一度、自分を白紙にして表現を離れることが余儀なくされるのです。

○日常性の拡大
 発したらそのまま、表現に使える声というのは理想的ですが、その根底にある本来の声の力そのものにもっともこだわっているのが、私のレッスンなのです。ことばも歌もつかない声そのものの表現力、絵でいうとデッサンの線や色でなく、一本の線だけ、一色の色だけをみる。そこまでシンプルにしているようなことは、ここでしか行われていないと思います。
 それは、一声だけのレッスンです。そのために「ハイ」や「ヴォーカリーズ」「スケール」(ロングトーン、レガート)さえ応用練習と、私は位置づけています。
 歌では、その人の本当の声から離れていくことも日本人の場合、一般的なのです。それはひとのまねから入り、そこで留まるからです。
 無理なレベルのまね(外国人のヴォーカリストなど高度すぎるもののまね)や、逆に身近かな、あまりしっかりしていない日本人のヴォーカルのまねから入ることが大半だからです。入るのはよいのですが、多くの人がそれを目標として抜け出せません。
 
 そういう場合も、体の声からみていくことで、歌うための制限から声を解くのです。すると、当然、発声の声と歌やせりふの声が一致しません。必ずそういうジレンマに陥るのです。だからこそヴォイトレなのです。声の完成を目指すのなら、そこで歌えなくなる、せりふにならなくなるのは、あたりまえのことなのです。そのジレンマをしっかりと甘受しなくてはいけないのです。
 歌やせりふや声は、あまりよくないと多くの人が思っています。日常的に使っているからこそ、そのなかでのレッスンでは、大してよくならないのです。そこで私は、「非日常なまでに日常性を拡大する」ようにしていくのが、レッスンだと言ってきたわけです。これは、本人が「これまでにない表現や世界に対応できる器をつけていくこと」を意味します。
 真のたとえで言えば、毎日一万歩歩くのがきつい人が一年後に楽に一万歩歩けるようにする。腕立て10回しかできなかった人が50回できるようにする。10回しかできない人にとって日常は10回で、50回は非日常です。でも50回できる人にとっては50回が日常で100回ができなければ非日常です。本人が、その器が大きくなるということです。
 声量や声域では、そういう量的な比較がしやすいので、それが即、ヴォイトレの目的になりやすいのですが、くり返してきたように、それは副次的効果にすぎません。声だけからみたら、せりふということばでの発音なども副次的効果とさえと言ってよいのかもしれません。
 
○声を目的にしない「ヴォイトレ」が多い
 歌やせりふという表現は、声を基礎としつつも、声でなく、発音やメリハリ、メロディ、リズム、センス、その他の多くの別の要素、しかもそういう要素の組み合わせで問われているので、どうしてもわかりやすいものに目がいくのです。(トレーナーの多くも、そのレベルでヴォイトレをとらえています)
 そのため、余程、声だけにこだわらない限り、声に本当の成果は出てこないのです。
 ということは、「ヴォイトレで声そのものを求めている人」は案外、少ないものともいえます。「ヴォイトレ」と言いつつ、そのレッスンが大して声を中心にしていないことの方が多い現状は、そもそも、「声と違うものを目的にしている」ということを表しています。
 私のところは比較的、声そのものを目的にしている人が多いのですが、それでも、3人に1人くらい、あるいは、その人のなかでも30パーセントくらいが、本当の意味で声の問題といったところでしょうか。もちろん、それでもよいのです。
 たとえば、アナウンサーなどが教えてもよいと思う「発音」や「語尾まではっきり聞こえる」ためのレッスンなどは、発声から正していくことで、根本的な解決がはかれるものです。そうだからこそ、本当に基礎というのです。でも一時間での成果でみるなら、「滑舌のレッスン」の方が対処療法なので早く効果が出ます。口をきちんと動かして、早口ことばを読んでください。レッスンしてしばらくは発音がよくなっているはずです。(やりすぎて疲れると悪くなることもあります)
 でも日常から人前でしっかりと伝えている本職の人は、それが日常なのですから、そんな必要もありません。マスタしたらそれで日常内に納まるのです。
 やっていないからできないものは、やればよいのです。私の出しているCDの発音トレーニングでも使ってやれば、すぐによくなります。しかし、声がよくなるには10年、20年がかかるでしょう。(「アナウンサーの発音と発声」については述べたことがあるので割合します。彼らは発音から入り、結果として、その世界で続けていけた人は発声もよくなっています。発声までよくなった人が50代あたりなるとによい仕事をしていると私はみています)
 言うまでもなく、「今できていることはできていて、今できていないことはできていない」のです。「今できていないことは日常にないこと」なので「日常の環境や習慣を変えていく」ことです。すると、やがて「今できていないことができている」ことになるのです。そのためのきっかけとしてレッスンがあるのです。

○本当の原因
 「今できないことが、将来、本当にできるようになるのか」については、前に述べました。そこでの必要性も細かく分類して前回、示しました。
 今できないことは、これまで生きてきたところで、できている人に比べ何か(環境、習慣含め、素質、感覚、体、機能など)が足りなかったのです。ですから、そのままにするのでなく、変えるためには、補強しなければいけません。「レッスンでそれに気づき、トレーニングで変えていく」のです。
 そこで「今すぐにできたり、役立つこと」は本来、トレーニングというほどのことではないといえるのです。
 すべての元は、体や感覚です。フィジカル(肉体)とメンタル(気持ち)まで含まれます。発声器官とともに聴覚、脳や神経に関わる、あなたの精神や体のこと、そして出生から育ちなど、これまで生きてきたすべてのことの問題だといえるのです。
 しかし安心してください。そのうちの99パーセントは、すべて備わっています。あとの大半は使われていないから、うまく調整されてこなかったからです。しかし、調整できないのは、より高いレベルでの必要性、判断の基準がなかったからです。そこまで求められる必要性、つまり条件がなくて、鍛えられてこなかったことが原因です。
 
 これらは「日本語を話せること」と、その「日本語のスピーチで人を感動させること」との違いのように、けっこう大きな差があるわりには、とても曖昧なのです。日常でたくさんのみえない経験が積まれてきた結果が今のあなたです。場でも、状況で状態が異なるからです。しかも、多くの場合、人によって評価そのものの基準がまちまちです。
 声やせりふや歌は、慣れるだけでも、かなりのことができます。ですから、私はいつも、「目標を高く、必要性をMAXに高める」ように言っています。そうしないと声のレッスンもヴォイトレも、あるところから先はわからなくなると述べてきました。やることがなくなり、伸びなくなるのです。
 慣れで状態をよくするのは、ワークショップのようなものです。その即興的な効果、本人の実感のレベルでの評価とその限界とは、何度か「レッスン」というものとの比較として出してきました。所詮、状態を変えて対処できるようにしたくらいでは、一日体験教室なのです。
 一方で、すぐれた役者は、早くから現場で厳しい基準で指導されています。そのようなケースでは、自らの気づきで自分で組み立てて、活かせる人だけが残っているのです。そういう人は日本では少数、勘のよい天性の役者です。仕事にひっぱりだこになるので、そうでなかった人は違うと思ってください。

 今の力を10%高めるか、2倍にするか、10倍にするかで考え方もやり方も大きく違ってきます。これを論じられないのは、何をもって声の力とみるか、それが2倍とは何をもって言うのかが決まっていないからです。あなた自身で決めるものだからです。
 声の表現では、こういうことは、声の表現で感動する人が2倍になるとかいうような結果でみるしかないのです。

○地声と裏声
 地声と裏声の問題について若干、補強します。私はどれが地声だとか、どこがチェンジだとか、現場で相手があって初めて言える問題を、こういうところには出しません。特にポップスでは、かなり微妙です。
 具体的な解答を期待している人には悪いのですが、どんなに一般例、他人の例について詳しくとも、あなたが当てはまらなければ意味がありません。(それでも、そこから学べるという人は、私の本や研究所の会報やブログでも扱っている範囲で学んでください。この「範囲」というのは、けっこう大切なことで、それを逸脱すると役立ちません。役立つことをやらずに、役立たないことに労力を費やす人が多いので注意しましょう)
 「生徒とトレーナーとの質疑応答」を聞いたらわかりやすいかもしれませんが、それでも当事者以外関係ないということになります。これは一人の生徒さんについて、何人かのトレーナーが相互の見解を出すとき以外は、意味がありません。ここでは一般論、抽象論にもなりかねませんが、そこから自分に当てはめられる人には気づきの一歩になると思い、進めていきます。(これは論であるから踏み込むのであり、レッスンそのものにトレーナーが論を持ち込むと、必ず偏りが出ることは知っておくとよいでしょう)

 しゃべる声、地声はふだんから使うので個性的、かつ多様さ、変化に対応できます。それに対して、裏声はそこまでの変化は求めにくく、どうしてもある程度、似てきます。そのため、私は、発声は共鳴を中心にして精度をあげていき、楽器的に使うべきものとしてみていくようにしています。
 ケースによっても異なります。一般的に、男性は地声、女性は裏声で歌うなどと言われてきました。歌においては、男性は正しい音の1オクターブ低く発声して、1オクターブ半くらいで使えますが、女性はそれだけの声域を地声だけでカバーしにくいので、高くなると裏声に切り替えることが多いわけです。
 ただ、最近の日本の男性の歌唱についてはJ-POPSなどでの高音化により、特殊な楽器的効果でしか使われなかったファルセットをよく使うようになった(身近なものにした)といえます。かつては、ファルセットは高いファ、ソあたりで一音だけ使っていたのです。今はその半オクターブ高く(ハイCあたり)使う人もいます。また、ファルセットをハイトーンに限らず、効果を狙って頻繁に使うようになりました。
 
○すぐにできることは問題といわない
 よく発声の先生で"地声”の悪い声を避け裏声だけを使わせる人がいます。「地声は厳禁」というわけです。(こういう地声裏声の用語については拙書に詳しい)しかし、そういうケースでも「練習を裏声で、歌で地声」というのも決しておかしくないのです。
 「高音が出ない」という人に、高音でやってもうまくいかないとわかったところで、低音や中音域中心のレッスンをやることはよくあります。これは一時、そこを離しただけで、高音域をあきらめたわけではないのです。スポーツの部活動での試合で負けて、走り込みを強化しているからといって、やめたとか、陸上へ転向したとか言わないでしょう。
 「本人が今の課題から離れられないで行き詰っているからこそ、そこから離すのがトレーナーの役割であり、一つの指針」だとさえ思うのです。多くの場合、そこはくせで固まっているからです。早くうまくするには、そのくせを個性として少し器用に扱うすべ(共鳴)を教えますが、根本的によくするのなら歌の発声でなく、声そものについて学ばせることが必要です。
 「できているなら課題ではない」のです。「できないから問題」なのですから、そこですぐにできたらおかしいわけです。少しやって、または、ちょっとしたアドバイスで解決するようなことは大した問題ではないし、そのことで大した力もついてないということでしょう。
 でも実力が大したこともないのに、これといった問題もないとしたら、本当の問題を発見することの方が大切です。
 その人の器は、問題をつくるところにあるのです。(トレーナーの才能についても同じことがいえます)あとはそのギャップを人生において時間をかけて埋めていけばよいのです。なのに、
 歌手は役者よりも自由な分、答え探しや答え合わせに急いでいるような気がしてなりません。声や歌というのが本人の自然体から離れているということでは、「歌わなくてはいけない」という制限が、どうも多くの人にあるといえます。
 
○呼吸のこと
1、呼吸の問題=体ができていない
2、イメージの問題=声の判断能力が足らない
というのがヴォイトレの2大問題だと思っています。あまりに多くの人がそれに気づかず、なぜか全く異なる問題で悩んでいます。バンドやまわりの人も、それ以外の問題ばかりを指摘します。(声量、声域、音程、リズム、発音など)
 そういうものは、慣れたら直るもの、少しやれば変わるものが大半です。(ですから、ヴォイトレがそういうことの修正にばかりに追われているケースが多いのは残念なことです)とはいえ、声の根本からのトレーニングをやらなくては、高いレベルでの解決は、何年たっても、いえ、多くは一生かかっても大して変わりません。
 ですが、即興的なレッスンで、うわべで直るものは直してしまうのも一つのアプローチです。2~3年やってみて、「根本的にやらないと直らない」と思ってから、本当のスタートをするのです。そこで基礎の大切さを知っても遅くありません。
 発声の基礎は呼吸と言われていますが、まず、そのことが分かっている人はほとんどいません。(トレーナーも含めてです)”呼吸法”などといったまやかしは、どうでもよいことです。トレーニングの方法も、メニュもどんなものでもよいのです。それによって深まっているのかが全てです。
 「日常も含めて、表現を支えられるだけの呼吸を得る」ことが本当の基礎です。これは生きていること、生きる力そのものです。
 いくら音声表現の基礎といっても全く別に習得するような特殊なものではありません。99パーセントはすでに誰もがもっているものなのです。
 (でも、呼吸でも寝たきりの病人から、オリンピック出場レベルの選手では、かなり違いますよね。それを私は1パーセント内での違いと言っているのですから誤解のないように)
 ヴォイトレというといつも呼吸法が問題とされます。私もたくさんの質問に答えてきました。また、私のところでも、他でもメニュやQ&Aなどでよく扱われています。大体は「胸式呼吸でなく腹式呼吸を使いましょう」のレベルです。
 そこでは呼吸や発声の自然、不自然なども伴って問題とされるので、ヴォイトレの本意を伝えたい私にとって、取り上げざるをえない課題だったのです。
 最近は、呼吸法や腹式呼吸の訓練、トレーニングそのものを否定する論調や、腹筋トレーニングを害とするようなものもあるようです。
 いろんな方の疑問に、いろんな専門家の論も引用されたりしていて、勉強にはなりますが、私の指導を根本から変えてくれそうな説得力のあるものはないのです。(私もここに述べてきたように、新たなことに気づくために質問を受け付け、答えてはいるのですが…)
 「勉強になる」と言ったのは、これまでも繰り返してきたように、ことばの限界、トレーニングやレッスンの浅さについてです。自己正当化のために立論しているのならまだしも、10代の子のように「こんなことを聞いた」とか、「偉い人がこうやっているから」、というレベルでの引用、あるいは、思いつきのような言い放し、仮説にもならないものが大半だからです。(私も「他山の石」になります)
 私も問いとして、多くの仮説を出していますが、少なくとも現場を持ち、それらのことを地道に何年も何百人にも試行しています。また、他の専門家に聞き、ともに試しています。
 ことばやレッスン、トレーニングの仕方は相手によっても、あるいは日々、変わっていきます。そこで変わらないのが本質的なことです。
 今のここでのレッスンは10年前の私のレッスンとは違います。レクチャーで話すことも毎年、変わっています。
 (学べない人のなかには、昔の私の本をもって批判する人もいますが、私も常に改定する努力を続け、本も、こぅいう文章も、まだまだ改め続けているのですから、今、ここでのことでの意見を賜りたいものです)

○腹筋のトレーニングの害?
 さて、呼吸については、浅はかと考えざるをえないことが具体的にいくつかあります。先に述べたように、呼吸は体と密接に繋がっているのです。
 「腹筋トレーニングは害だ」というようなこと、これは「腹直筋」は発声に関係ないから鍛えない方がよいというような類のものです。「ボディビルダーのように筋肉をつけても、マラソンや100メートル走で優勝できないどころか、走るのに邪魔になるよ」と言いたいのでしょう。
 でも、初心者がほとんどの読者には、アスリートなみの筋肉を持つ人は少ないでしょう。アスリートの筋肉をもっても声がよくなるという保証はないのですが、体力、筋力は、欲を言えば、彼らなみにあった方がよいのです。それだけでも、歌手や俳優の必要条件の半分くらいは満たせると思います。
 大体、そういうことを言うのは体の弱い人やあまり運動したことのない人が多いのです。なかには腹筋運動が1,2回できない人もいるでしょう。
 最低限の腹筋をつけずには、歌やせりふは言うに及ばず、舞台で30分、集中力を欠かさず立っていることも難しいでしょう。これは極端な例かもしれませんが、普通の人でも、声をよくしたいのなら心身を鍛えること、柔軟にすることが、私は最も効果的なアプローチだと思っています。ですから、本などを読んで、そのことを知識として習得することは余計なことです。
 害になるとしたら、以前言ったように、「もし、カール・ルイスがバスケットの筋トレをしたら100メートルが遅くなる」というようなハイレベルなスポーツにおいてです。舞台においては、心身の力、体力や集中力は余りあるほどつけておいて損することはないというのが、現実面でのアドバイスです。

○痛めないこと
 私のトレーニング、特に本のメニュでは、出すごとに回数や秒数を減らしています。アゴの運動なども制限しました。「痛くなる人はやめるように」などの注も付けました。スパルタな鍛錬からラジオ体操や健康維持レベルに落としました。
 誰が使っているのかわからない本では、最悪のケースや、心身の弱い読者のことも考えなくてはなりません。私は心身について、ここ10年、かなり学んだつもりですが、すべてにおいての専門家ではありません。本のトレーニングも発音や体に関することは、それぞれの分野の専門家のチェックを受けています。
 メニュと同様のトレーニングでは負担が多い人もいます。ときには、そこで伝えたのと違う方法や基準でやる人もいます。特にまじめ、熱心な人は注意しましょう。体育会系で「痛い分、身に付く」みたいな考えの人には、早々にやりすぎないように警告しています。
 大体、よくない方向に行くのは「急ぎする」「充分な休みを間に入れない」ことが原因です。ただし、一時よくない方向にいってもそれ自体は大して問題ではありません。どこかによく、どこかに悪くなっているからです。それでは、雑になるので、喉が疲れてしまいます。再現性に欠くところがよくないのです。
 今、ここは十数名のトレーナーでレッスンをしています。レッスンで喉を痛める人はいませんが、自主トレでは、ときにやりすぎ(特にステージで)があります。また喉の悪い状態でレッスンにくると、クールダウンしかできないこともあります。
 「喉の鍛えられるプロセス」については、未だ、解明されていません。現実の成果と照らし合わせて、個人差や年齢、性別と、まだまだ模索中です。一人ひとり違う喉で違う発声をしているのですから、そう簡単に万人に共通というアプローチはできません。
 声楽というところでの基準は、(これも決して統一できるものではありませんが)マイクを使わず共鳴させる技術としてのプロセスをとるということです。これはある程度、民族、性別、年齢を問わず、共通に使われてきたので、今のここのレッスンの中心に据えています。

○アイドルのレッスン
 ここには何名か、日本で今、売上げの多いいくつかの会社のアーティストらがきています。中学生から大学生くらいなら、発声に声楽の基礎を身につけさせています。
 大した基礎もなく、現場に出される日本の業界には特別の慣習があります。かつては20歳くらいでもう使い捨てでしたが、今は10年くらいのゆとりが出てきたのでしょうか。あまり年齢で決めつけられない、使い捨てにされないというところはよくなりました。
 しかし、これまでも述べてきたように、ルックスとスタイルなど、声とは別の視点で選ばれてくる人なので、(といっても大半は女性なのですが)現場は大変です。歌手だけでなく、アナウンサー、声優、ナレーターと「声がメインなのに声はともかくとして、他の要素で選ばれていること」が少なくないからです。
 この辺りのことは「クールジャパン」というカルチャーとしては、「かわいい」という一面で肯定しつつも、私たちのレッスンのスタンスでは、そこには距離をもってとるようにしています。
 何であれ、世に出て、人に影響を与えているものは容認しています。次代のものであればこそ、わからないのですから、そこには口を出すべきではありません。古いものも新しいものも、関わるからには手助けをすべき立場をとっています。
 
 団塊の世代は自分たちだけで楽しまず、次の世代に目を向けるようにすべきです。この我儘世代の功罪を考えるに、私自身も影響を受けてきたと思うところもあるからです。その上で父親世代と、さらに今や80代になった戦争経験世代と、この3世代をみて、下に40,30,20代と3世代をみてこそ、今の日本というものもわかるのです。
 20代のブームは40代くらいの人が仕掛けているので、そこはもっともわかりやすいところです。それを今のTVからネットへの変化というトレンドが、ややわかりにくくしているのです。

 アイドルの話を持ち出したのは、私が最初に関わってきて、もう30年になることと、今だにその縁が切れずに、毎年いろんなところからいらっしゃるからです。
 以前は「ステージのための声の調整」がメインでした。時間的に、とても基礎づくりなどやれなかったために、私が研究所を一般の人が長期的にトレーニングできる場として設けたいきさつは述べました。当時、歌を教えるのは、作曲家やピアニストが中心だったのです。
 今の研究所では、彼女らに声の調整として声楽などを広く使っています。歌以外での活動で声を疲れさせ、本調子の出ない人たちの声の管理、つまり、いささか医者や整体師のようなスタンスにレッスンの重点が移ってきたのです。
 考えてみると、オペラ歌手でさえ、ヒロイン(プリマドンナ)以外は、打ち上げなどにも顔を出す時代です。握手会やサイン会が、コンサートのあとも、歌手の喉に大きな負担をかけています。
 喉は疲れたら、休めるしかないのです。コンサートのあとにカラオケで歌ったり、アルコールを飲んだり食べながら大声でしゃべると痛めますから、すぐ休めるように言っています。
 黙っているか眠るのが一番よいのです。しかし、まわりがそれを許しません。特にヴォーカルは、本人の気性もありますが、立場上もどうしても客にサービスする役を避けるわけにはいかないからです。まして今のアイドルや、先に述べた実力がまだないのに先物買いされた人たちは、笑顔と会話が芸と同じくらいに売り物なのです。
 そこで、「声の管理としてのヴォイトレ」を行うことにしています。と言っても特別なやり方があるわけではありません。自分の心身や声の状態の把握、そのサイクルの分析、予兆の捉え方や、それぞれの状態でのメニュをつくり、やるべきこととやらないことなどを決めていくのは、通常のヴォイトレと変わりません。
 何度も述べますが、同じことをどういう意識をもち何を基準にして、どう判断していくのかがすべてなのです。そういう意識のない人は、まずはそれを学んでいくことが、レッスンでもっとも大切なことなのです。

○イメージをもつ
 まわりで的確なアドバイスをしてくれる人は限られています。それでも大した根拠もなく、何となく無責任に言っているだけです。さらに加えるなら、お客や周りのメンバーの意見なども似たようなものなのです。いろいろと細かいこと、よいことや悪いことを言ってくれる人が必ずしもよいアドバイザーとは限りません。むしろ、そういう人の言うことに限って、かなりずれていることが少なくないのです。
 しかし、くり返し言われると、知らずと本人はそれを軸に考えるようになります。それを無意識のうちに入れていくから恐いのです。
 自分の知らないうちに、現状や理想からかなり異なるイメージの世界ができてしまうのです。トレーナーとのイメージづくりでも一つ間違えるとそうなるのです。すぐれたトレーナーも、あるタイプに対しては間違ったイメージを入れてしまうケースも少なくありません。トレーナーとしては、もっとも気をつけなくてはいけないところです。
 私が述べてきたのは、イメージの大切さです。レッスンで声のイメージを共有し確立していきます。そのイメージが現実化したところで、どうなるかをいつも考えなくてはいけないことです。
 
 「高い声を出したい」それなら、「出せた」としましょう。それで「何が変わるのか」というのをスタートラインにおくことです。
 「オーディションに受かりたい」と。「受かったらどうなるのか」多くの人は、スタートラインを目標にしたり、あるいはスタートラインにもならないことを目標にしています。
 それでも何ら目指を持たないよりもよいのです。「よい声にしたい」「ファルセットを究めたい」でもよいでしょう。ただしそれらは目標でなく、きちんとした目標を持つためのスタートラインです。
 よく似た例を出すと「英語をしゃべれるようになりたい」人と「外交官として活躍したい」人では、また、「英語でビジネスをしたい」人と「英単語をできるだけ覚えたい」人では、大きくスタートラインが異なると思うのです。
 スタートラインから、ゴールをきちんと定めるのはなかなか難しいのです。だからこそ、レッスンなどを通じて、そのようなことを実践していくのです。そこで学べばよいのです。
 ですから「学べるところ」へ、いえ、「学べる何かが与えられるところ」、「自分にとって何か大切なものがひらめくところ」へ通い続けることが大切なのです。
 
○なれないところでなる
 「誰もがこうなれます」というところで「こうなりたい」なら、さっさと行って「なればよい」のです。でも誰もが、お金や時間でそうなれるのなら、それは本当は大した価値もないのです。「やった人の誰もがそうなった」というところは、ゴールでなくスタートラインです。そこから「誰もがそうでないようになって、しかも誰にも(そこまではいいませんが、誰かに)価値を与えられるようになる」ことです。
 それなら最初から「他の誰かができること」でなく、「自分になる」道を選べばよいのです。しかし、自分勝手では自分になれず、自己否定を通じてのみ、自分が活かせるというパラドックスがあるのです。すでに何かしら、あるものに入って鍛錬することが、結局は、正道となります。
 それこそが人間として共通のものです。あなたの心身も、それに99.99…パーセント支えられて生きています。すでに体は正しく働いているのです。
 でも、頭というのは白紙で与えられるから、自分の育ちのなかで、自分の好き嫌いや自分の欲や、自分らしくなどといった、小賢しい知恵で、いつも曇らされてしまうのです。これが大きな知恵、智恵になるのには頭を切らなくては…などと、仏教臭くさくなるのでやめますが、まさにそういう世界では、この世で生きていくための理が述べられているからこそ、いつの時代も人々が惹きつけられていくわけです。

○知恵
 宗教、哲学、芸術は、そういう天理をそれぞれのアプローチで求めて成立してきたものです。ですから芸や武道、スポーツも、発明や研究など、すべて人間の高度な活動には理があります。そこを本質として捉えられるか、その経験を得られるのか、それをレッスンという場は与えていると、私は思っているのです。
 私自身、声を通じて気づいたこと、学んだことは数え切れません。そういう見えにくいものを少しは見えるようにしたのが研究所であり、メニュやカリキュラム、あるいはここのシステムです。問い合わせから、皆さんのアプローチしてくるもののなかにも、いろんな知恵があるのです。
 しかし、与えた100を100以上に使える人は1割もいません。うまくいく人たちはそのまた1割を10倍にして使っています。つまり、私が1万円渡しても、多くの人は1000円くらいにしか使っていない。10パーセントの人が1万円として使い、1パーセントの人は10万円や100万円にしているということです。
 もちろん、それはレッスン料としては、30分で4コマという代金に過ぎません。レッスンの時間や回数と料金にこだわる人もいます。ビジネスの道義上、サービスに見合う価格設定という、世の習わしに即しているものの、本来、学びの場に金額はつけられません。それを何億円にも比べられない、無限の価値にもっていった人もいれば、払った分だけ得たという人もいるし、なかには払った分、損したなどという人もいるのでしょう。
 
 今の消費者主体の世の中は、商品やサービスに関してはよいことです。しかし、芸事に関しては受難の時代といえます。評価の定められるものに対して、厳しい意見はとても貴重です。しかし、芸事ではそういう基準もなくなり、敢えて厳しい言葉を投げかけてくださる人がいなくなりました。ほとんど誰もが「いいね」を押してくれるのです。
 会社で上司が部下を育てられなくなった。部下に媚びるばかり、叱ることができない。家庭で親が子供を育てられなくなった。これも同じです。
 好き嫌いでなく、芸がすぐれているかどうかでみなくてはいけない世界において、好きでしか選ばない、嫌いなものや人には接しない、というのでは浅いレベルでのものにしかならないというのは自明の理なのです。自分を嫌う人にも有無を言わさないのが、芸の力でもあるからです。

○好きとオリジナリティ
 「好き」は大切ですが、それは、ファンとしてではなく、表現者としてみるなら、「感性として何かに惹かれる自分がいる」「それに反応する自分に、そのなかに何かがある」から、「そこは個性やオリジナリティの元になる」ということで重要なのです。つまり、可能性です。
 「好きでなければ続かない」というのは浅いレベルです。やり続ける人は好きであろうとなかろうと続けるのです。好きでなければ続かない人は、好きでなくなるとやめます。何事も入り込むほどに好きでなくなることはよくあります。それでも、続けているようなものを、私は、プロとして本当に好きなんだとみます。
 それはその人を超えて何かがその人を動かしているのです。それは、深い「好き」です。
 単純な努力が欠かせません。単調なことのくり返し、シンプルなことの速続、同じことをコツコツと続けるのは、並みの人にはなかなか難しいことです。幼い頃に無理に習わされたことでも、一人で自由になっても続けていたら好きなのでしょうし、やめたらそれほどでもなかったといえます。
 しかし、そのように没頭している自分が好き、くり返している自分が好きなどというのもあります。時間が膨大に積み重なるなかで得られるものは限られていきます。多くの他のもの、こと、人生は犠牲になります。そして残るのは、確かな技術であり、職人の価値です。そこで働きかけるものが、アートの価値です。
 レッスンは、そのきっかけ、気づきであり、トレーニングはこの繰り返しです。「がんばる」というのは、まずは「黙々と続ける」ということなのです。それによって底上げができ、再現性が高まり、その準備があってこそ、その人独自の才能が開花する、可能性が高まるといえるのです。

○精神論として
 私の本は精神論が多いと、よくも悪くも言われたことがあります。私はそれでよいと思っています。本は、トレーニングそのものにはなりません。「問い」を発して、その人の思考から思想をつくるのが、本当の役割です。ですから、本は精神論でよいのです。メニュやノウハウは、そのままでは多くは誤用されます。あるいは誤用もおこさないくらいの表向きだけのレベルで使われているものです。自己満足―自己完結の域をなかなか出られないのです。

 人は、それぞれに学び方があります。本や文章は、その可能性を示せば充分なのです。それ以上に問うてくる人には、「論に向かうのでなく、実践しなさい」としか言いようがありません。ただ、論に振り回され、それだけでの承認を求めたくなるような、今の日本の風潮は、気がかりです。ですから、こうして書いているのです。論に振り回されないように論じるのも、違うとも思いますが。

○オリジナリティ
 オリジナリティを論じたもので「初めて行ったこと」とか「誰もやっていないことをやったもの」など、ただ人と違っていればよいというような見解もあります。しかし、
 私は、レッスンとトレーニングの視点から、オリジナリティを「他人のなしえないことで他人に通じさせる価値」として捉えています。
 確かに初めての試みは、そのことで評価されるべきですが、他人と違うことをやればよいわけではありません。また、私の立場として、研究所のレッスンとの絡みで述べているのです。
 YouTubeで話題になるものは、動画という伝達手段を誰もが手にして、まだ日が浅いため、「初めて」とか「人がやっていないこと」が多く、それなりに楽しめる価値があるということを知らしめてくれました。確かに100万回以上も再生されているのは、100万枚売れたレコードには遠く及ばないとしても、(少なくとも無料ですから)何らかの価値のあるものと言ってもよいでしょう。

 でもオリジナリティとは「オリジン」、「その人のなかの、その人たるもの」が出てきたことについて私は使っているのです。他人との違いというと、同じか違うかというのは、程度問題、細かくみていけば全てが違うのです。ものまねもそっくり芸も、全て同じものはこの世に2つもないのです。
 でも、同じくらいのものなら、先にやったもの勝ちだと思います。先にやって認められるというのは、結構なエネルギーがいることだからです。最初に認めた人が大変に重要な役割を果たします。トレーナーはそういう役割を担っているのです。
 特に最初の分野では、着目したところや発想自体も問われるのです。でも、最初の人は着目したり手がけたけれど、あまり認められず、二番手が世に知らしめたという例もあります。マクドナルドのハンバーガーもそうでした。
 日本のように他国の真似から文化、文明を発達させてきた国は、この二番手以降の応用に強いのです。あるものが他の国に入り、他の民族が行うと結構なオリジナリティにまでなるわけです。案外と、あたりまえのように生活のなかで扱っているものの価値を発見したり高めたりするのは周辺の人たちなのです。
 多くの人が長い時間、継承して育んでいく。それが文化ですから、本来はオリジナリティもその風土と切り離せません。
 「誰かに影響を受けて、誰かが立ちあげること」に、オリジナリティの価値が問われます。歌を、表現、アートとしてみたときに、トータルとしてのステージ、さらにその人の体から出る声、その動きの一つである歌と、その人の人間としてのトータルな世界観としてオリジナリティの価値が問われます。
 そこからみると声は、それだけで充分ではないけれど必要な条件の一つといえます。
 歌い手がその価値をどこに置いているかは、それぞれに違います。価値を声に置いたとき、その人がもって受け継いできたDNAから、そこまで生きてきた育ちの大きく影響されているものです。しかし、そこからオリジナルの声や作品としてのオリジナリティをいろんな形に切り出すことはできます。声として、歌として、ステージとして、それぞれに表現をみるのです。それを念頭においた上で、ヴォイトレでは、まず体からの声というところで独自の声としてのオリジナリティをみるべきだと私は思うのです。
 トータルであるがために作品づくりに急ぎすぎ、声にくせをつけたり、限界までも行かずに可能性を狭めたり、使いやすいだけの声、痛めていくだけの声を優先して使っているのは、もったいないことです。
 その前にもっと開放して、自由自在に扱える声があるのです。もっと深めたら大きな可能性が開かれるのに、歌はおろか、ヴォイトレまでも、声そのものよりも発音、ピッチ(音高)、リズムなどばかり気にして、本当の声を使うアプローチさえしていないことが、現実には本当に多いのです。そこが、今も私は残念でならないのです。

広告を非表示にする