読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「総合と本質」

○総合化と個人化

 これまで述べてきていることを総合化と個別化ということでまとめておきます。
 スポーツでいうとこの2つは、チーム力と個人プレー、個人競技なら、オールマイティと得意技、一人の選手でいうとトータルの力量と、何か一つ抜きんでた力量となります。
バランスがよいのは、総合力。力を高めるときにトータルを強くするのが総合力。たった一つでも特別に強いのが個別力となります。総合化とは、総合力をつけることです。人間や生命としての共通ベースから得られる本質に迫ります。それに対し、個別化とは本質を究め、オリジナリティをつけるものです。
 
○個別化と「我」

 個別化は特殊化ですが、それは決して「我」ではないということです。まして、オリジナリティというときに「初めて」とか「他人と違う」のではなく、それは本人の資質の延長上にあるものでということです。つまり、自分がそうやりたいとか好きとかいうところのものではない、むしろ否定されたあとに生じるものです。一部の天才は、そのままに自我の世界をつくってしまいますが、それは動機としてあって、多くは、他人との差異で修正されているのです。いえ、正しくは、人間としてのベースを極めたところに出てくる差異なのです。(このあたりは「守、破、離」で述べたことを参考にしてください)
 
○10年のキャリア

 他人に教わり、あるいは他人を真似て人並みになるところ、この人並みは、へたな人に対して言うことですが、やった分だけえられるビギナーレベルです。プロならプロでのビギナー並みということです。たとえると、野茂やイチロー高校野球においてトップレベルに達したくらいのところ、およそ10年ほどのキャリアを示します。そこまでは基本を守るわけです。
 次の5~10年が本人の本人であるための葛藤であり、破です。これは、しばしば、基本通りにしろというコーチ、監督の思惑と対立します。多くの人は、言いつけを守って対立しませんが、一つ上に行くには、他人を疑い自分を否定するということで、飛躍を求めることです。人間として共通の体での理想のフォーム、レベルから、その上での個性、個人としての理想のフォーム、レベルに進む必要があります。大体の優等生は「破」れません。
 一人ひとり、体も心も、考え方というのも違います。その差異のレベルに入って、そこをつきつめ、拡張していくのです。それはやがて本人にしか許されないという破格のフォーム、型、形として結実します。破格とでたらめは全く違います。

○「総合カルテ」をつくること

こういう個別の完成について、私は次のような点でみています。
総合的なデータ(他人と共通であり、比較できる)から自分の適性、レベルを知って、個別のメニュにするのです。

a)声域、最適高音、低、中、高音域
1.1音~半オクターブ
2.半オクターブ~1オクターブ
3.1オクターブ~2オクターブ

b)声量(振幅):量感、ダイナミックさ、メリハリ、pp<ff(p、mp、mf、f)
1.体
2.呼吸
3.声、共鳴、
それらの結びつき、体―息―声―共鳴
c)ことば:共鳴、構音(調音)
1.1音、母音、
2.子音、ことば、
3.せりふ、歌詞(周波数)

d)長さ、ロングトーン、レガート
1.1つのフレーズ
2.Aメロ/Bメロ/サビ
3.1曲(1コーラス、フルコーラス)

e)その他
1.入出:ひとこと(フレーズ)を言い切る
2.間:メロディフレーズのあとの余韻
3.展開:離し方と次の入り方の組み立て

○個性化

 総合化のメニュの半分は、音大入試から音大4年間の発声におけるカリキュラムまで、ほぼ賄えると思います。これは歌唱だけでなくせりふやスピーチの声も同じです。役者(俳優という方がいいでしょうか)声優から一般のビジネスマンまで、それを基礎は通用します。若干、発音、ことば、せりふのトレーニングを補うとよいでしょう。
 総合のなかに入っている個別のメニュをそれぞれに使って実力アップさせていくとよいのです。もちろん、総合というのですからトータルにつかんでいくというのもあります。歌っているうちにうまくなればもっともよいのです。ただ、歌の表現とそれを支える発声は、目的が違うので、トレーニングとしては分けるべきです。
 フジコ・ヘミングはリストの名手ですが、リストの曲を使って基礎の練習をするそうです。そういうことのできる人もいるということです。
 歌での練習は勘違いしやすいというか、片寄りやすいので、注意が必要です。

○自分を知る

 すべてにおいて一流なら、それは理想ですが、現実的に自分は、どの分野がどのくらい得意なのか、苦手なのか。そのなかでどういうポジションがよいのかは大きな問題です。自分の素質とプレーに必要な条件を、どのようにみていくかは、個別に研究していくしかありません。
 そのときにトレーナーにつくのは、自分のまわりでは自分がすぐれていても、自分がやっていく世界では、本当にそうなのかがわからないからです。
 就職や結婚と似たようなもので、自分の才能、素質、性格、性分を自覚してスタートできるような人は稀です。価値観や思想(考え方)は、学んで大きく影響されているくらいの状態では、自分のものとはいえないからです。
 ですから、他人とまみえることで自らを知ることです。それもまわりの人とでなく、そういう世界で生きている人たちに広く、次に深く接することです。それによって自らを早く相対化することができるからです。そこからもいろいろな選び方の留意点があります。
 
 指標の一例
・好き、自分に向いている
・楽、やりやすい
・苦でない、すぐできる、少したてばできる
・確実にできる
・稼げる
・目立てる
・長くやれる、後までやれる、続く

○精度と安定度

 私は、よく「トレーニングは、ベターをベストに高めるために行う」と言っていますが、ベストに高めていくには、ベターが再現できないと積み重なっていきません。シンプルに何百回も重ねて精度を高めていくのです。
 ベターが確実に再現できると、ワーストが少なくなってきます。どんなにひどい心身の状態になっても最低限、カバーできる実力(この場合、声でよいのですが)を保つことができるようになります。これがトレーニングの最大の効果であり、そこまでは確実に約束できる成果ともいえます。
 長年やっていても、自分のベストがプロとしてのベストにならない人もいます。それでも、プロの仕事は、いつでも確実にこなせることに重点がおかれます。ヴォイトレの最大の目的は、才能をマックスに発揮できることよりも、安定した声が思い通りに出せることにあります。
 
○声のプロへの仕事

 ヴォイトレトレーナーは、一般的に声のプロであっても、偉大な伝説的なアーティストではありません。クラシックはともかく、ポップスでは、偉大な歌手が、歌のアドバイスはともかく、ヴォイトレを教えることは多くありません。楽器のプレーヤーと異なり、活躍した人が必ずしも、そのコツを伝承できるものではありませんし、できません。本人も楽器のように伝えることが、そう簡単でないことを知っているからです。
 また、現役の歌手にとっては、喉への負担が少なくないからです。何よりもヴォーカルとして大成する人の気質はあまり、教師に向いているわけではありません。そこで、指導については作曲家やプロデューサー、演出家などが担当することが多いわけです。
 私はヴォイトレの本質は、中心となる声の発見、発掘、育成と同じく、歌唱のベースとなる声でのフレージングを発見、発掘、育成することだと思っています。
 中心となる声を知るには、表現の最低単位として、フレージングを想定する必要があります。つまり、絵でいうとデッサン、その色と線を見出す、あるいは育てるということになります。
 歌は一色で、線だけでもデッサンできます。色を音色、線をフレージングと例えてきましたが、色は何色も必要ありません。一色でもよいのです。ただ、墨のように濃淡豊かに、緩急をつけて描かれるとしたら、です。
 
○自分のことばとは
 
 私は、すぐれたアーティストやトレーナーは自らのことばで悟ると思います。ことばがないから、歌や演奏やプレーをするともいえますが、不思議なことに、名選手やアーティストは自らのことばを持っています。
 これには少なくとも二つの理由があるように思います。一つは、どんな表現も、まわりにそれが認める人がいて、ファンがいます。ことばに説得力が全くなく、作品だけで悟らせるのでは、自分の世界はつくれても、世に知らしめるのは、なかなか難しいでしょう。おのずと人前に立ったり人に影響力をもつ人は、ことばの力をつけていきます。説得力やプレゼン力としての対人コミュニケーション力です。
 もう一つは、自らの芸を高めるときには必ず、いろんな判断が必要になります。それはイメージによってなされることも多いのですが、そのインディックスとして、ことばがよく使われます。
 メニュにしろ、練習にしろ、感覚通りにやればよいといっても、全くことばを使わないと、覚えにくいし思い出しにくいので、レベルアップしにくいのです。
 
○ことばとアーティスト

 私はたくさんのトレーナーをみてきました。そこでも人教えるときに、アーティストから初めて聞くようなことばをたくさん知りました。造語であったり、擬音であったり、イメージであったり、あまり論理的なことでないので、ここには書きませんが、秀でた人には感想や判断にも、独特のことばづかいがあります。

私は必ずスケジュール表やメニュ表、日誌をつけることを勧めています。特に歌手や役者は、計画性のない人が多く、それがとりえでもありますが、5年、10年先をプランニングすることは大切だと述べています。

○書くということ(会報)

 私が発足時に会報をつくったのは、読者に同じことを答えなくてすむように、また、必ず注意するようなことを予め知ってもらうように、との気持ちからでした。本一冊あっても書けないことを述べたのです。
 説明不足や知識不足を改めて補って伝えるためでもありました。また、声というあいまいな分野のデータベースをつくる意識もありました。
 声のことをよく50冊以上も書いたと言われますが、ここでは毎月、昔なら3冊分、今でも1冊分の本にあたる分量の会報を出しているのです。どの学会にも負けないくらいです。どの出版社にも、似たことを求められるので、会報やこの連載の方が、よほど内容は深いはずです。
 
○書き変えていく

 そこで気づいたのは読者や生徒さんへの回答を載せることでした。疑問点、効果などをオープンにすることで、論文のように研究材料になります。
 トレーナーも生徒も、以前は、私の本を使って(それを覚えるのではなく叩き台として)自分のマニュアルを確立していくようにさせていました。その発表の場にもなりました。できるだけ表現して学び、得たものはシェアしようということで、アーティストの自覚も出てくるかと思いました。
 ブログのように学びつつ、習慣と環境を変えていく。書くことで、気づいたり身になることは少なくありません。
 私も昔からトレーニングノートをつけていました。すると、1~2年は大したことがなくても、5年、10年と、同じところをぐるぐるまわらず発展していけるのです。
 喉や体調がよくない―などでも記述してあると、次にどうなるかということがデータから、少しずつ予知できるようになってきます。まさに野村監督方式です。
 そして、さらに気づいたのは、私が書くよりも、そこでレッスンを受けた人の気づきやトレーニングの生活をオープンにした方が、より具体的、かつ多くを与えられるということでした。
 
○学び方を学ぶ

 要は、教えるだけでなく、学ばせるだけでなく、学び方を教え、そこを変えなくては、人は大きく変わらないのです。
 今もトレーナーは私に個人レッスンの一人ひとりのメニュを報告しています。それをみるとともに、そのレッスンを受けた生徒さんのレポートを読むとよくわかるのです。
 トレーナーがどんなによいレッスンをしたと思っていても、生徒が受けてみて、よくなくては何にもなりません。もちろん、生徒が満足する、充実したレッスン=最高のレッスンとはいえませんが一つの目安になります。
 伸びる生徒は、ポイントをうまく自分のことばで表現できます。これは、トレーナーも同じです。すぐれたトレーナーはポイントをつく自分のことばを持っています。そうでない人は、そうなってくるのが変化、成長となり、育っていることといえます。
 私は学び方そのものについても、たくさん述べてきました。そのような本も出しきました。しかし、これもまた、私などよりも一流で才能のある人のことばを引用して伝える方がよいと思い、アーティストのことば集もつくりました。これにはスポーツ選手、政治家、経営者なども入っています。古今東西孔子孟子からの引用さえあります。
 今は会報の半分以上は、トレーナーと生徒さん、読者さん、OBさんのことばで埋まるようになったのです。学会も論文も大してない、象牙の塔でしかない、声の分野に、こうして一石を投じてきたわけです。
 
○鍛練としてのヴォイトレ

 ヴォイトレは調整でなく鍛錬であると、日本どころか世界でも、ヴォイトレから鍛える。負担、負荷、抵抗などということばが駆逐されていきましたが、困ったことです。
 自らを強くする健康も、食事も、表現も鍛えないと身につかないのです。免疫をつけ、体力や気力を養い、自信をつけ、失敗をしに人前へ出て、勇気、胆力、忍耐力、回復力をつけることです。

(<巻頭言2012.12引用>からの再録)
「遠くの目標をもつ」

私はレッスンとトレーニングを分け、その必要性を高め、より高い目的へチャレンジさせるようにアドバイスしています。
ヴォイトレというあいまいな世界で本気の上達や効果をあげるには、遠くの目標をみる必要があります。上達や効果ということさえ、近くの目標にすぎません。
船乗りは、大洋を横断するには、島や雲ではなく、星を目印にします。遠いゆえに動かないからです。そのためには、古典や歴史から学ぶことです。私は自分の本がすぐに役立たなくても長く、愛読されることを願っています。
誰もがお客さんから一歩、人前でお客さんにみせる立場、プロになる道へ踏み込むと、今までみえていたものがみえなくなります。大海原に出ると山のふもとに入ると、みえなくなるのと同じです。それが連続してくのであればこそ、高く遠く確かな目標が大切なのです。

広告を非表示にする