論2.音高の喉への影響について

Q.A=444Hz(C=528Hz)の響きの世界には、癒しとかポジティヴな力があり、またDNAの修復力もあるとか。ピアノを使う場合などは、実現できないわけですが、こういうダブルスタンダードでトレーニングすると、喉の具合が悪くなる可能性はあるのでしょうか?

「音高の喉への影響について」

○考えすぎないように

私の結論としては、ポップスの歌唱においては、関係ないと思います。喉への影響も気にする範囲にないと思います。
常識的なところで言えることは、今まで歌ったり弾いたりした曲を半音くらい上げてやると新鮮、かつ心地よく感じるでしょうということです。でも続けて上げていくと、どこかで無理がくるでしょう。そういう問題に置き換えられると思います。

 これまでも絶対音感平均律(と純正律)、オーケストラの基準音の変化(高くなっている)、テンポ、音楽療法や音楽心理学で似た事例を扱ってきましたが、今回も考えすぎることによって歌に悪影響が出ないように、というのが実践的なアドバイスです。以下はその根拠です。

○高音化による昂揚感

 音楽の持つ昂揚感の要素には、ピッチ(音の高さ)が関わっていることは言うまでもありません。歌唱が話声域よりも総じて高くなるのは、そのもっとも顕著な例と言えます。サビには多く高音が使われています。また、くり返しや2番、3番で転調して半音、または何度か高くする、あるいは部分的にアドリブを入れるなどもこの例です。
 現在、オーケストラの基準音(オーボエのA)は442~444くらいではないかと思います。以前はA=440と言われており、古い演奏では438、436などもあったそうですから、444HZは、特に驚くべきピッチではありません。
 クラシック曲は楽器の制限もあり、原調で演奏されますからピッチはけっこう大きな問題となります。あまりに大きな変化では楽器を加工しなくてはいけないかもしれませんし、歌い手も、最高音がギリギリの人や絶対音感をもとに固定度で歌っている人は調整に無理があるかもしれません。しかし、そこまで心配することはないかと思います。

○絶対値ではありえない

 平均律でつくられている今の音楽では、半音高さが異なると次の音(高低とも)になります。しかも、声も楽器も純音ではないので、440HZの基準音でも440HZだけを出しているのではありません。かなり高低も強弱も揺れています。(まして歌い手の声であれば、かなりぶれていることも少なくありません)そこで、その音と半音高い音(半音低い音)、のどちらに近いかで判断されます。結果として、すぐれた歌い手は、厳密なピッチでなく心地よい動かし方をしています。(ピッチビブラートと強弱ビブラート)
ちなみに絶対音感といっても、多くの場合は440HZがわかるのでなく、AフラットとAシャープの間の辺りのAの音がわかるだけです。(その他の音も同様)
 440HZと444HZを比べて、444HZが高いとわかるくらいですから、およそ444分の4、100分1くらいの感覚値?となります。つまり、私としては、444HZ(A)とか528HZ(C)という絶対値の意味を認めていないということです。(これは似たケースで「テンポ=110」のよさというのを私が認めていないことと同じです)ポピュラーなら転調できるケースで、半音あげて演奏すれば昂揚感は高まるということでしょうか。

○スケールで決まる

 もう一つの理由は、音楽はスケール(調)でできています。クラシックは調律まで決めますが、ポピュラーでも平均律のスケールを使っていますから、一つの音がどの高さということよりも、ドレミ…(1オクターブ12半音)の音の組み合わせでイメージが決まります。平均律に正しいことが不快ということで、純正律で演奏している人たちもいます。
 どんどん高くしていけばよいということにならないのは、人間が使ってきた声や耳での捉え方という人類のDNAがあるためでしょう。ただし、このDNAについては、人類とか民族などとかでは、簡単に述べられません。DNAに特定の音の高さやテンポが反応するというのは、それぞれに比較すればもっとも大きな値の出る音高やテンポは出てくることでしょう。しかし、それを単音でなく基準音にした音楽となると、スケールの問題も入り、関係がなくなります。
 曲は全体の音の組み立てによってできていますから、ピッチとテンポを上げたら高まるというのは、かなり安易な手段の一つでしかありません。

○聞く能力での制限

 人間の声域には個人的にも制限があります。そこで高さの効果をあげるために、低い音が効果的に使われているのです。つまり、高低は相対的に捉えられているものです。
 
 人間の声は4,5オクターブ出るのですが、ある程度の完成度をもつのは2オクターブくらいですから、歌唱曲の大半は1~2オクターブで描かれています。
 シンセサイザー以降、ピアノよりも広い音域でたくさんの音を重ねられるようになりましたが、それほどオーケストラの編成や曲づくりが変わったとは思えません。また、20世紀に出尽くした感のある実験音楽の試みやアバンギャルドなものからは、絵画などと異なり、むしろ、元に戻っていったように思います。
 人間が心地よく聞ける音楽としてはDNAもですが、生まれて育ってきた環境も外せません。特に歌唱は人間の声ですから、およそ話声域のマックス内(この場合、感情を入れた声ということで)の2オクターブ内に留まります。

○育った環境と能

 参考として付言すると、テンポは呼吸や心臓音、鼓動、脈拍とリンクしていると言われます。ただ、必ず♪=60とか♪=80で歩くロボットのような人を除いては、絶対的な数値は出ないと思います。若い人がロックを、年配の人がワルツなどを好むのも、こうした生理的なことの例として出されますが、育った時代にもよると思います。今の私たちにとって3時間や5時間の映画、芝居などが苦行と感じられるとしたら、それも現代の生活や環境のせいです。
 映画も芝居もドラマも、アナウンサーの話すテンポも速くなりました。音楽のテンポも早くなり、ピッチも上がりました。音は振動ですから特定の音が人体に何らかのプラスの働きをすることはあるかもしれませんが、それは曲や歌の問題からは外れると思います。ある音楽がその人を元気にしたり癒したりすることは、現実としてあります。しかし、それはどんなものを聴いて、どう生きてきたかにもよることも大きいでしょう。
 
 (参考)ちなみに440HZの1オクターブ高い音は880HZ、低い音は220HZです。
 ラが440HZなら半音高いラのシャープ(シのフラット)は440×[2の12乗根(1.059…)]、466HZくらいです。(この高さでは、次の音と26HZくらいの差です)ドは523.3HZとなります。

Q.お腹がきつくて歌えなくなるということがあります。横のほうが痛くなるのを中から鍛えたいのですが、走りこんだらいいのでしょうか。

A.ストレートにいえば息を吐くことで変えていきましょう。やっているとき以外に痛くなったり歌っているときに痛くなったりするなら、意識的にお腹を動かさなければいけないと、お腹から声を出そうとかいって固まってしまっているからです。体のトレーニングは、歌の場合、高いところが出にくくなったり、喉を使ったりするので、本当は分けて考えたほうがいいですね。

Q.ヴォイトレと歌の結びつきは、どう考えたらよいでしょうか。

A.歌に関してはどこかで変わるということで、リラックスした感じで脱力して歌う。発声に力を入れるというのでなく、体を使ってみようとか、呼吸と結びつけてみようとか意識してやってみる。
 
Q.歌のための体づくりとは

A.歌はすごく幅が広い。音域も広いので、発声で慣れていないようなやり方をとると、変なところで力が入ってしまう。そこでスポーツ選手のように強い体を持たないと、歌えないと考えるのも一つの手です。でも、実際に歌うときには、そんなに強い体を強く使うわけではない。体で支えて息と声をコントロールするほうが大事です。
 
Q.体を鍛えると筋肉がついてよくないのですが

A.体を鍛えるのはいいのです。走ることでも何でもよい。体力が落ちたら集中力が落ちてしまう。ただ実際には歌うときに力で持っていこうとすることはきりがないから、そこは切り替えて、歌っていたときにそんなふうになっていないのだから、普通に歌えばいい。
 
Q.トレーニングしたように歌えない

A.歌とトレーニングのところにはいろいろな段階があるから、それを自分で踏まえてみましょう。歌っているときには、何も考えないで気持ちよく歌ったほうがいい。
 フレーズの練習をするときに体を使っているとか、練習したときにどこか痛くなっていたら、それはやりすぎ。何かしら偏りがでる。スポーツでも、筋力トレーニングで体が痛くなるのはいい。そのかわり、そのときは試合ができる状態ではない。
 
Q.心と体とどちらが大切ですか

A.簡単にならすトレーニングは、体をほぐしていくほうに使う。そこは目的によって、細かく自分でわけたほうがいい。どちらかになってしまうのも危険だし、ましてやトレーニングと同じような状態で、一つで全部何もやってしまおうとするとネックになってしまいます。

Q.たくさんやればよいのか

A.最初は不安で量をやりたいと思うのですが、スポーツや楽器よりは質のほうがすごく大切になってくる。本当に集中して、体の状態のいいときに、今までになかったくらいの感覚で、どのくらい新しいことを出てくるのか。それ以外では歌っているし、言葉を出している。大して何も変わりません。楽器やスポーツとヴォーカルのちょっと違うところですね。
 あまりせまくならないように大らかにやりましょう。

Q.アスリートに学ぶことはどんなことですか。

A.たとえばスポーツ選手と15分くらい立っていてもくらくらしてしまう人と比べてみましょう。筋力トレーニングというのは、この中でもスポーツにちょうじている方もいるでしょうけれど、そういう人が持っているものは大きい。
 アスリートとして10年のキャリアのある人とか国体やオリンピックに出たという人に対して、我々が2,3年トレーニング やってもかなわないのです。人並に足りないということでなければ、それほどの必要を感じることはないです。どちらかというと歌や声そのものではなくて、舞台をやっていく、人前に立って活動を続けるための最低限必要なものとして腹式呼吸とか、歌唱方というものはあります。

Q.しぼって歌っている感覚があるといわれています。きつそうに聞こえるということです。

A.発声については指導を受けてください。それに加え多くの場合は、体力の問題とか集中力の問題、テンションの問題になってきますね。

Q.本当に初心者なので、声を出すことの時点で何がいいか悪いかわかりません。自分でやってみて歌っているときに気持ちいいときが、力が抜けているときがすごくいいときかなと思います。そういうことも理解してやりたい。

A.当人が気持ちいいというのは一つの実感でもあるのですが、そこから先は、いろんな目的、価値観、素質によっても違ってきます。ご相談ください。

Q.私は仕事で長時間話すと喉が疲れてしまいます。雑踏の中で話すと声が通りにくくて聞き返されることがあります。

A.今日の状態はいいほうですか。長く話しているとそういうふうになってくるのとは違うのですか。使い方と管理の仕方から学んでいきましょう。

Q.ちょっと風邪を引くと若干、喉にひっかかっている感じがします。

A.無理をせずに治してからトレーニングしましょう。

Q.コールセンターの仕事をしていています。オペレーターはどういうふうに声でお客さんに接するかということを知りたいのですが。

A.コールセンターには、ずいぶん昔からつきあいがあります。オペレーターの声の分析にコンピューターで、感情分析、購買予測まで取り入れられるようになりました。クレーム処理ができなければビジネスとして成り立たなくなってきているから、お金や人材が投資されて器材ができていく。それを人にあてはめて、何なのかというのは、我々が指標を出していくわけですね。
 冷たい声とか、あたたかい声とか、発信はコンピューターで変化させられるのです。ただ、それを人をどういうふうに聞くのか、どうすれば好ましく聞くのか、突き詰めていくと、声やアーティックな世界になってきます。一番大変なのはクレーム処理、それがビジネスの要です。何がいいのか悪いのかというのは、すべて相手があって、言えることなのですが、声での演出面や舞台での、客とのコミュニケーションでどう成り立っているかというのが一番大切なところです。

Q.電話の交換手やオペレーターの研修をやっていただけますか。

A.ヴォイストレーニングというと、歌い手が歌えるようにするのです。
 私の世界は、歌えているかではなくて、声で伝わっているか、客から見たときにどう声が感じられるかということです。
 大連やインドまでとばして受け付けているところがあります。そういうところでの対応が、仕事ということでいうと大きくなっている。
 発音や話し方というのならアナウンサーの先輩やナレーションのプロでもよい。その方がよいこともあります。
 ただ、声の感覚というのは複雑です。たとえば年配の人なら許されるのに、若い人が同じ喋り方をすると、カチンとくる。地方によって、人によってわけなければいけないくらい複雑な要因があるのですね。そういうことも踏まえて行っています。

Q.いつも教室では声がうまく出なくて歌えません。なぜですか。

A.発音、歌唱、最高音ということになると思いますが、ヴォイストレーニングということ自体が制限の中におかれてしまっているのですね。座って、30分たてば具合が悪くなるはずです。30分で教えてくださいという人がきても、30分で先生と生徒という関係を破ることさえ難しいと思うのですね。それが破れないと、いい声は出てこない。
 ヴォイストレーニングで教えているときには、ステージとは別に教室で、特別に起きる問題があるのですね。そこにくる、緊張する、先生とコミュニケーションをとるのに神経を使う、体も自由には動かない。その状態ではいい声というのはあまり出ません。
 ワークショップの演出家はうまくやっています。まずそれをほぐすことにほとんどの時間がかかっている場合が多いですね。教室の問題のほうが、現実的にはトレーニングの効果に大きな妨げになっていることが多い。もっといい声が出せるし、歌の中で出てくるいい声を使わずして、限られた場所において、緊張した関係で、悪い声を取り出して直しているケースがざらです。先生とも半年くらいすると慣れて、いい声がでてくるようになります。それはもともともっていた声で、大した進歩でもないのです。案外とそれで1年くらいたってしまっている教室が多いというのが実際です。
 それをヴォイストレーニングや発声を勉強と捉える。それもいいのですが、日本人が捉える勉強というのは、どうも軟であって、心が自由であった環境で、受けられるものではないようです。そっちのほうが大きな問題です。ここでもいろいろなトレーナーがくると、私が、その前に教え方について問題にしていることです。

Q.公の場でのアナウンスに興味があります。日本語の音声についてうかがえたらと、音声学に興味があります。

A.アナウンスに興味がある方は多いですね。私も音声の本は書いていますから、音声学の専門家とみられます。日本語の音声教育の分野において、いい教材は出てきています。音声の研究や教材が、最近は私も追いつかないくらいに出ていますね。しかし、それは、アナウンサーの世界やナレーターの世界では、少し異なります。
 日本語の発音をやるということでは、アナウンサーがしっかりしています。それから台詞を読むのなら声優さん、ナレーションの人です。朗読家もレベルがあがってきました。声に気をつかっていらっしゃる方はその辺の方が多いかもしれませんね。

Q.介護の仕事をしています。声が聞きづらいと言われます。

A.年配の人は高い声が聞きづらくなってきます。これは耳の仕組みなのですが、耳の聴覚センサーが高いほうからなくなって、低めだけに対応していく。低い声はクリアにでにくくなるので、強めに言うというのが一つの方法ですね。甲高くすると、どんどん聞き取りにくくなってしまいます。
 
Q.選挙応援などの声のトレーニングもできますか。

A.場面に応じてというのは、その状況でないとわからないのですけれど、演劇の人がくるので、ここでは修羅場に近い状況でも声を出せるようにするのです。日常の中でそこまでの声を要求されることはありません。選挙やスポーツの応援をするとか、外交官とか、特に海外の人と接する人は声の不足を感じる人が多い。女性でもリーダーやマネージャー役の人が来ます。
 
Q.声は大きくなくてはいけないのですか。

A.声が大きくなったところで本当に伝わるかということになると別です。いろいろな可能性が広がるのですが、ある程度徹底してやらないと、強くはなりません。元に戻すというときに、自然にならなくなってしまいます。トレーニング中はそれでいいと思います。そのときに、自然にできなくなってしまうから、元のモクアミになる人も多いのです。短期に強化するトレーニングなのか、今の力を思う存分使うために調整していくのかというようなことは、わけておいたほうがいいかもしれません。

Q.ヴォイトレの課題とは何ですか。

A.声の問題は多いですね。
 ヴォイストレーニングというのを、私が代表できるわけではないので、いろいろな立場でいろいろな発言はしています。ビジネスや日常で難しいのは、相手がどう聞くかということによって、変わっていきますから。
 ヴォイストレーニングということの位置づけは、今よりも応用ができるようにしていくこと。キャパシティとして広くとって、その上でセレクトしていく。
 一般の人とヴォーカルとプロの方と交えると、話が難しいのです。今の器がこのくらいだとしたら、それをできるだけ広げて、もっと大切なことはそこからきちんと選択する、選ぶことです。
 
Q.ヴォーカルとヴォイトレのよい関係とは。

A.ヴォーカルの考え方も変わりましたね。もっとも適切なものをきちんと選ぶこと、選ぶということは捨てるのです。声だけが朗々と出る。でも、何も伝わらないというタイプもいます。それでは、どうすればいいのかわからなくなってしまいます。器を大きくすることが強化ということですが、その器ということも声の場合ははっきりしているわけではありません。その人の状況によってずいぶん違うわけですね。
 私の頭の中では器の中で調整できることはトレーニングではない。
 相手がアマチュアであれば、その程度にして、あとは作りこめます。
 
Q.1,2分でプロのような声は出せますか。

A.花王アジエンス大学というのをJ-WAVEでやっています。アマチュアの人の声を2分でプロにするということで、実際に素人がやったものをプロのナレーションのかわりに使えるところまでやりました。そして放映したのです。プロがやったレベルに聞こえていると思います。
 音響さんがうまいとそういう気分になる。これは、強化はしていなくて、調整をしているだけなのです。調整しているというのは、この状況、この状態をよくしている。日本のヴォイストレーニングというのは、まだそのレベルだと思うのです。
 いろいろな人の本を読みます。状態づくり、こういうことしかやっていないと。ここでやるべきことは条件づくりなのですね。
 
Q.ヴォイトレは初めてですが、私にもできますか。

A.声の場合は難しいのは、元々20歳くらいにおいていろんな声のレベルの人がいる。スポーツでいったら、こういう体というのはこれだけのことをやっているというふうな目安ですが、言葉や歌の場合は、外からみるだけでは初心者が想定できない。
 ヴォイストレーニングということが初心者ということであれば、単に誰かに習いにいくということが初めての経験です。日本人は日本語の勉強をしていないようでも、いつもしゃべって修正してということをやってきています。耳で聞いてそれを修正する。
 
Q.ヴォイトレは、習わないとできないのですか。

A.外国語を一つマスターしているといったら、そこで意識的にヴォイストレーニングの基本のことをほとんどやっているわけです。
 小さいころ、赤ん坊のころに喃語から言葉を覚えていくプロセス、これもヴォイストレーニングです。声を出すことも覚える。耳で聞いてそれで体で正すという、インすることアウトすること、この程度での問題です。
 
Q.ヴォーカルスクールでヴォイトレは身につきますか。

A.私はヴォーカルスクールをいろいろ見ています。けれど、5年経っても声は全然変わっていないでしょう。歌はうまくなり、人によってはプロっぽくはなります。だから、プロになれないのです。また、元の声とトレーニングした声というのは、現実的にはほとんど変わっていない。オペラ歌手や声優、アナウンサーだったら、3年も5年もやっていたら声も変わります。とはいえ、全てトレーナーによります。トレーナー次第、またそれを受ける人次第です。
 
Q.声を変えることはよくないのですか。

A.声は、変わるほうがいいとはいえません。必要に応じて変わらなくてもいい場合もあります。トレーナーと接しているとよくわかるのは、不調時の問題解決です。アマチュアの人は、そういう波が大きい。声が出るときと出ないときの差。
 トレーニングということなら、最高の状態からどれだけオンできるかということ。そういう考え方をしています。
 ところが実際の教室でやっていることというのは、その人の日常に出している声の、悪いところの声から、リラックスして出してきたというところで体からの声など、どこにもないのです。それは問題ではないでしょうか。