リセット No.276

○リセット

 

歌の基礎は、基本の発声として、2オクターブくらいのスケールやヴォーカリーズ(母音発声)を通じる、近づくことを目的と示していることが多いようです。

 誰にもこれが難しいとは言いませんが、その分、全体が雑になってしまいます。ベストの発声は遠のき、安易に声域を獲得するだけの発声のくせをつけていくことになっていませんか。そのくせのつけ方を、高音では「あてる」というテクニックとして教えているのが大半なのです。

 これは、一概に悪いことではありません。第一歩として、そこに進んだらまた戻って、より確かな第一歩としていけばよいのです。音にあてる高音練習でなく、その音で使える音色で出せていなくてはなりません。なのに、そこを省みずに二歩、三歩とそのままに行く。それでは、くせで固めることで限界を早々に引き寄せてしまう。大体はそのまま1オクターブ以上にいってしまうわけです。これはヴォイトレでなく、音感練習にすぎないのです。

 そこでいったん、解放、自然に戻すようにリセットして、一歩目からやり直すのです。それでこそ基礎なのです。つまり、一つのメニュや方法で一つの形を整え、型となったら、その型を壊して、また次に組み立てるのです。これを固めたままに上に乗せていこうとすると、すぐに限界に当たることになるのです。

 

○ 勢いでつかむ

 

 「のどが疲れにくくはなるが、無茶すると回復しにくくなる」のは、齢をとるとわかることです。若いときは「無茶をしても元に戻るのは早い」のです。ですから、勢いでやれてしまいます。勢いでやってしまわなくては、技や実力などの地力を出しては先にいけないから、これはこれで仕方ないのです。もちろん、実力が伴えばそれにこしたことはありません。そして、勢いの時期のあとは、少しずつ、のどに疲れを感じるようになる反省から工夫して、基礎の力と技を得ていくのです。量と激しさから、質と静けさの時代へ移っていくのです。

 だから若い人はつぶれない程度に量をやればよいのです。表現は勢いで支えていてもよいのです。それを、直感的に、技術に、時間の経過とともにキャリアに変えていくのをトレーナーが手伝うのです。

 ですから、なまじ、トレーナーや医者が余計な心配をして過保護になると、いつまでも真の力がつかないということにもなります。あるレベルでのオーバーワークの継続をレッスンなどに入る前の遊びの時代として経験できるのかは、大成するにあたっての初期条件として、大切なことなのです。

 すぐに習うのも一つの道です。しかし、習う先で教えたがる人に捕まるとあまりよい結果になりません。人を選ぶのも勢いでかまいません。そのうち、そこも感性と才能がものをいうようになればよいのです。

 

○アラウンド40

 

 何かしらの実力のギャップに気がついてレッスンにくる、他人に教わる必要を知るというのなら、オーバーワークでののどの疲れは、よいきっかけです。つまり、使いすぎでやむなく来る人は、使えないでくる人よりも、先の可能性が大きいといえます。

 ただし、そういう人の中には、のどが強く、力づくでやれてしまうタイプもいます。そのために、最初から大声の出る役者と同じく、次のステップへ行けない人も多いのです。そこまでに修正が行われない、つまり、克服すべき目的として上がらないからです。すると、あるとき、40代くらいでいきなりのどを壊すことになります。回復力が少しずつなくなり、時間がかかるようになるのです。まして、仕事や出演が増えている場合は、2倍のパンチを食らうわけです。

 あるミュージカル劇団での役者出身の歌い手などは、決まって40歳くらいでのどが回復せず、ここにいらっしゃいます。それは、こういう流れなのです。なまじ、通用してしまったがために正さず、問題を先送りしてしまったのです。

 声優もミュージカル俳優も、ルックス優先になり、こういう問題が後で出てくることが多くなりました。本来、通用していないレベルなのに合格させて、無理な配役をこなさせようとするからです。

 回復しにくくなるなら、回復の必要をなくすこと、つまり、疲れにくくする使い方に変えていくのが、技術なのです。その考え方を発声理論とし、ここでは生理学、音声学的に、というよりは、ストレートに実践しているのです。より自分の心身やのど、声についての感覚を鋭くもち、うまく使えるようにしていくということです。

 

○ハードな声

 

 今も毎年、十数名は、身の丈に合わないハードな歌い方でのどを悪化させて、痛くなったり、出せなくなっていらっしゃる人がいます。昔はここに直接いらしたのに、最近は医者の紹介でいらっしゃる方が多くなりました。

 応急の処置をして、薬と休養で回復させても、次の同じだけのステージに耐えられるかは疑問です。悩むよりは、ここに来る方がずっと有意義です。直ってはくり返し壊して、その挙句、手術などになりかねないからです。

 ここにいらした人には、目的、レベル、実力、のどの耐久性もみた上で、次のようなアドバイスを与えます。

1、 あなたののどの状態と発声と考え方(なぜ、こうなったのか)

2、 のどに負担をかけない発声法、もしくは呼吸法(解決へのアプローチ)

3、 ステージへの調整法と(具体的な練習メニュ)

シャウトやハスキーな声をすぐステージで使わなくてはいけない人もいます。役者の悪声、声優のアニメ声などを発声からきちんと位置づけてトレーニングに取り組んでいるところは、ほとんどないでしょう。これは応用としてのイメージで練習させることで可能です。そのような声は本番の使用だけに留めさせています。

 

○ステージ以外で痛める要因

 

 喉を傷める原因の多くは、歌やせりふなどの本番ではなく、練習やリハーサル、ステージ後の打ち上げやミーティングなどによるものが大半です。そこで声を休められず、著しく悪化していることが少なくないのです。そして、それに本人はあまり気づいていないのです。

 それに加えて、1、呼吸。2、食事。が二大要因です。温度や湿度など環境要因、さらにメンタル面で緊張や自信のなさからくる悪影響なども含まれます。

 特にオンリーワンでありナンバーワンを求められるヴォーカルの心身は、ステージが続くと過酷を極めます。体を冷やさないようにといっても屋外や寒い中、埃だらけのなかの出番も珍しくありません。たばこの煙に悩まされることは少なくなりましたが、その分、弱くなったのかもしれません。

 すぐに、のどアメや吸入器、加湿器、空気清浄器などに頼る生活は、トレーニングの環境=周りの環境を整えるべきであるという点では好ましいのですが、その分、メニュをハードにしないと、結局は、弱い体質ののどにしてしまいかねません。

 

○あたりまえのこと

 

 「12時間、声を使わなくてはいけないのにコンスタントに使えない」これを1つのサンプルとして述べてみます。たくさんの人がこの目的でいらしているので、実践的なアドバイスですね。

 これに対応するのに、ヴォイトレを週に1日、1時間のレッスンでカバーしようとしたら、誰がどう考えても不可能ではありませんか。野球やサッカーで考えたら冗談にもなりません。趣味のサークルで楽しむだけのところではあると思いますが、そこでは大して技術向上は望まれないでしょう。バイオリニストもピアニストも毎日8時間を10年続けて、ようやく1時間の本番演奏時間をクリアするのです。

 

○総量

 

 お笑い芸人ののどが鍛えられているのは、5分のネタを5時間も8時間も、毎日練習した時間の総量があるからです。ものまねや他人を、コントや漫才で演じるハードなのどの使い方に、歌手や演劇の人たちが負けるようになってきたのは、その執念と練習量です。

 人を笑わせるというのは、基準がわかりやすいのです。かなりできたつもりでも、ひどくすべることもあります。笑いの量というのは、結果として明確にフィードバックされますから、厳しくならざるをえないのです。

 常識的に考えると、一日2時間の練習―正味として声を出すことをしなくては身につかないし自信ももてません。その絶対量を甘くみないようにしてください。

 どんな世界もそれ以上やったけれど効果の出せない人はいても、やらなくて出せた人はいません。トレーニングで仕上げたければのことで、声だけで勝負するのでない歌手や役者には、少ない時間でプロになった人もいるのは確かです。しかし、あなたがそうでないならそれに頼らない方がよいでしょう。

 

○スタートライン

 

 トレーナーの方法やトレーニングメニュでの結果をどうみるかの問題の前に、自らを省みて欲しいと思うことは少なくありません。

 褒めて心地よくさせ声を導き出す、甘言を弄するトレーナーがよいなら、まずはそこで12年やればよいと思うのです。その後、5年、10年と経てば、おのずと何が得られたのかわかることです。ほとんどのケースで、何も残っていないのではありませんか。

 私は、例えは悪いのですが、記憶術と同じだと思っています。毎週一回30分学んでおくだけで試験に通りますか。全く科目の勉強をしないで、術を使っても何ともなりません。

 毎週一回レッスンしているとしても、それはトレーニングにより効果を上げるために使うもので、毎日のトレーニングなしには言わずもがなです。本当のスタートラインは、レッスンの初日ではありません。毎回のトレーニングが軌道にのったところからです。

 

○ジ・エンド

 

 あの先生に他意があるわけでないですが、「アハ体験」で頭がよくなりますか?これは、「頭の体操」と同じで、問題作成者の作為の意図の読み取りに慣れて正答率が高くなる。しかも時間制限ですから、どうもゲーム脳には通じそうです。悟った名僧が、α波が出るからといってα波が出たら悟れるわけでもありません。頭がよくなっても中身が空っぽなら何も出てきません。娯楽や、発想の転換や、リラックスというのなら、日頃まじめにやりすぎて詰まってしまった頭や体をほぐすのにはよいでしょう。そのあたりは、ワークショップの効果と同じです。

 日頃、最大の努力をしている人は、ワープ、ブレイクスルーを経験するかもしれません。しかし、ほとんどの人は、わかった気になって終わりです。その体験で満足するからです。本当は、そこからスタートなのにジ・エンドです。

 

○クローズとオープン

 

次につなげるためのきっかけであるためのワークショップの多くが、それで完結してしまい、初心者の満足、満腹体験セミナーになっている様は、前にも述べました。こういう分野を全3回でも、全12回でもカリキュラムを組むことで、そこで予定調和的にトレーナーのなかだけでクローズしてしまうのは同じです。

 なぜなら、クローズ=完結を来る人ばかりが求めるから、そういう満足、わかりやすく消化できる内容をそのレベルで出してみせる、そこがトレーナーの手腕になってしまうのです。そこをちょっとかじるだけだからおいしいというものなのです。あたかも、王子様王女様の貸衣装を着ての記念撮影に過ぎないのです。

 しかし、こういうケースでも、他分野のプロの専門家で感度のよい人がくると、けっこう本質的なことを、そこで得ることもあります。初心者向けに体裁を合わせているだけで、実のところは深いところを知る人がワークショップを仕掛けていたらですが。

 レッスンも似たようなものです。芸術も、特に初心者や若い人は、なまじわかろうとしない方がよいのです。トレーナーがそこに焦点を合わせてしまうからです。

 すぐにわかるなら、それはあなたにすでに不要なものです。確認しにくるのでなく、創造し、活用すべきものです。すべてをみて批判し否定しにくるのでなく、たった1ヵ所からでも肯定し、得て、活かそうと望むべきです。それが、クローズせずにオープンにしていくスタンスというものです。

 

○不可知

 

 何かしらわからないもの、それはトレーナーがではなく、トレーナーの指し示すもの、そのものでなく、方向のようなものでよいと思います。そういう世界を、そういう存在であるがままに受けとめればよいのです。未知の魅力を安っぽく解釈して貶めるべきではありません。

 トレーナーを尊敬しろとはいませんが、学びたいのなら一歩下がって立てておきましょう。トレーナーでなく、トレーナーの向こうにある世界へのリスペクト、それがなければ、何ら本質的なことを学べないと思うからです。

 トレーナーの言うとおりにしなさいとは言いません。まったく逆に学んでもよいのです。ただ、トレーナーの言うところの理や、するところの理を読む努力はするべきだと思います。さまざまなアプローチはありますが、とにかく、あなたを変えるため、感覚なのか理なのか、あなたのなかにないものを身につけるために、トレーナーはレッスンを処方します。

 あなたの今をもってしては、どこにもいけない頭も体も、それが基では身につきません。体は量と時間で変えられるのですが、頭はストップをかけてしまいがちなのです。するといつまでもくせがとれません。体のくせ、発声のくせもまた、考え方のくせやイメージのくせから来ていることも少なくありません。

 

○考え方のくせ

 

 多くの場合は、考え方のくせで、体や感覚も歪み、発声のくせがとれないものです。いくら、発声のところで指摘されても、考え方のくせの方はみえない、曖昧なイメージなのです。これまでずっとそれで通じさせてきた人ほど、変えるのは難しいのです。

 進歩のための変化を妨げる一番の要因は、元に、落ち着くところに戻そうとするその頭なのです。違和感を肯定するのは難しいことです。音程のとりやすい歌い方などから入ると、なかなかよい発声になりません。

 私はアテンダンスシートなどの質問を出させることで、考え方のくせを知り、対応策をトレーナーにも与えていくようにしました。このくせは、ほぼパターン化しているので、今の私には、大抵はよくわかります。

 

○スタンスとプロセス

 

 本人は誰もが同じようなことを聞いていると思っているかもしれませんが、あるタイプの人しかしない質問などは大体決まっています。そしてそういう人が何十名もいたので、どういうことをすると、どういうプロセスでどうなるのかまで、私は経験として、データベースを持っているわけです。

 すべてが同じケースではないので参考にはしても、先入観は入れません。これまで100パーセントよくなったとしても、次によくならない人がいるかもしれないからです。そもそも何をもって、どこまでよくなったかは難しい判断なのです。

 トレーナーがいなくとも、トレーニングや何かを行えば変わるし、くり返すことでよくなるのはあたりまえです。それでよしとするのと、そこからを問題にするのでとは、まったくスタンスが違います。何ヵ月かを目安にするトレーナーと35年をみるトレーナーとの違いかもしれません。

 

○クリエイティブなレッスン

 

 トレーナーは、人や作品を判断するのでなく、その人の力を伸ばすために、いろいろな判断をして、アドバイスし、対応もまた改めていくのです。原則としては、よい方向に向くようにアドバイスしていくわけです。

 多くの年月かけてもうまくいかなかった、時間がかかった、という人もきます。でも、それに対して、うまくいったときの要因、やり方、メニュなどを使って、年を経るごとによくしていけるようにします。

 よくするというのは、結果ですが、それを焦らず、そこからよくなるように条件を整えるのです。ここの研究所はデータベースを基に研究を進めながらレッスンをしているところだからできます。

 何よりもクリエイティブなレッスンでないと、生徒さんもトレーナーも本当にはおもしろくならないからです。

 

○発想力

 

 「持っているものを与えてください」でなく「持っていないものもつくってください」というのが、私のトレーナーへの要求です。生徒より長くやっているからでなく、(長いのならもっと長い生徒や年配の人もいますので)そのクリエイティブな発想において、私はトレーナーをみています。現実に目のまえにいる生徒に関わる問題をトレーナーとして接し、共同で改善していこうとしているのですから、研究や創造のできない人は、ここのトレーナーとしてふさわしくありません。

 レッスンで覚えたことなどは、今すぐここで使えることを期待すべきではありません。しかし、何かをしっかりやろうとすると、それが、肝心のときに唯一、役立つものとなれば充分すぎるということです。

 

○関係でみる

 

 私は、他の、どのトレーナーとも違い、生徒をではなく、常に「トレーナーと生徒」のセットでみてきました。ときに他のところからもトレーナーが生徒を伴って来たり、生徒がトレーナーを連れてくるときもあるので、そのレッスンをみることもあります。

 トレーナーを連れてこなくても、ここにいる人には、これまでのトレーナーとのレッスンのことを、ここで聞くことができるわけです。トレーナーのレッスンの内容を生徒が評価していることが全面的に正しいとは思いませんが、どこかに一理はあるものです。そのトレーナーよりも私の方がそのトレーナーについた生徒の思うところを知ることもできるのです。私のところにはずっとトレーナーが十数名いるから、もっとよくわかるようになるのです。

 

○トレーナーの改善

 

 トレーナーが自信をもっていくのには、自分に合うか、自分をよしとする生徒にだけ囲まれることです。事実、そうでない生徒は黙ってやめていくため、そういう人の考えや批判を聞くことがなく、いつしれずトレーナーは、自己流に偏っていくものです。裸の王様になっていくプロセスです。

 まだまだ未熟な声の分野で、批判も反省もないというようなケースではなおさらです。長くやっていても何らワークショップレベル以上のことができていないということでもあるのです。

 私は数多くの失敗から気づかされてきましたが、それは常に、自分よりすぐれた人とやってきたからです。多くのトレーナーはトレーニングについて、失敗の経験さえもちません。それに懲りて根本的に学ぶこともあまりありません。

 それは、そこまで厳しい条件下でないから失敗を認めない、というか、それ以前に、失敗していても気づかないからといえます。

 

○なぜトレーナーについてもアーティストになれないか

 

 最近のことばで言うと「もってる」かどうかということ。これこそが、アーティストの資質なのでしょうか。レッスンやトレーニングはそこからみると、ただ補うものでしか過ぎないのです。

 日本語を話している国に生まれたら、誰でも日本語は話せるくらいにはなれると同じで、環境、育ちの問題、そして時間、量が基礎をつくります。問題は、次にくる質的転化とその大きさです。本当はレッスンがそれを担うべきですが、現実には本番のステージの方で行われているのが、日本の実状でしょう。

 

○邪魔しない

 

 原則としては、トレーニングは強化してから調整していくのです。それには、感性、感受性、感度を取り入れる力を最大限にして出力し、それに合わせるのです。

 先に「鍛練」と述べましたが、そこから異なるベースのところでの調整に入ります。この究極の形とは、いわば、病気やけがを治す、自然治癒力みたいなものに自分を委ねるということです。

 毎日の積み重ねは何よりも大切です。レッスンをしようが、トレーニングをしまいが、毎日の体は連続して生きています。そこにセンサーを磨くことが必要となります。「自然に」で述べましたが、地球でも宇宙でもよいからそこからエネルギーを取り入れて、増幅して外へ放つ、それを邪魔しない身体、のど、声にしようということです。

 

○取りつかれる

 

 エネルギーとは何なのでしょうか。言霊とか物の怪と言う人もいるようですが、能の声のレッスンなどをしていると、人間としてのよい声だけでは、つくりすぎてだめなのですね。もっと違うものが伴わなくてはいけません。何かが降りてこなくてはいけません。その状況を呼び込む声、息、体でなくてはならないのです。

 名人の渋い声に感じられるのに、若手のよい声に欠けているものです。同じフレーズでの比較から、私は、伝統芸の声に入っていたのです。

 トップレベルの演者の同じ演目、たとえば「船弁慶」を何人も比べる。これは、オペラやカンツォーネなどを通じてポップスやクラシックの本質をつかんだレッスン法と同じです。

 

○一流の条件

 

 頭で考えてもわからないと取りつかれたように繰り返す、数を重ねる、聞く聞く…たくさん、一流のものを聞いたあとは、出す…声を出してみるわけです。そう簡単に取りついてくれないものです。ここでも、取りつかれる状況をつくっていく。

 取りつかれるとは、疲れを感じなくなること、自分の体が自分のでなく、声も自分のでなくなること。残念なことに、私はまだ自由にそこの世界と行き来できません。昔、2回だけ行ったときに戻れなくて困りました。一流のアーティストとは、そこへ自在に行き来ができる人たちだと思ったものでした。

 

○器用でなくす

 

 そこは頭でなく身体の能力で行くところなのです。ゾーンとか言われるところ、いわゆるエクスタシー状態、つまり、マラソンハイのようなものです。密教の密儀ですかね。一流の選手だけでなくても、誰でも努力しだいで到達できると信じたいものですが。

 「才能論」は引っ込めて、ということです。天才、才能、素質などと言うとトレーニングが成り立たなくなります。才能と勘違いされるものの多くは、器用さにすぎません。素早さにすぎないこともあります。

 私が100かけて、やっとできたことを、20やって、すぐにできる人がいる。100とは年月でも量でも努力でもいい。人よりたくさんやれば必ずできるというなら、遅くなったり、手間ヒマがかかるだけで、いつかは時間で追いつける。

 プロとのレッスンでみているのは、その20やって同じことができた器用な人が、私と同じくらいに100やったらどこまでできるかということです。必ずしも私の5倍のものにはなりません。私が、次に200やっていくところまでに、その人は100どころか50さえやっていけないかもしれません。

 早く短い期間でできるのは、器用という才能です。才能の一つの要素に過ぎません。人生は限られているので、遅いし時間がかかると、早熟な人の円熟期のレベルにも、なかなか到達できないものです。スポーツなどでは、器用貧乏などといっても20代後半くらいには、芽が出ていないと、もう体力的な限界に近い挑戦になってしまうでしょう。芸事は、その点では恵まれているのです。

広告を非表示にする