ヴォイトレの論点目次(本文の題と一部変更あり)

ここには、福島英が、最近のQに対して、自分の考えを述べていますが、1つの問いから本質的に深めて説いていますので、一般向きでない回答もあります。福島の持論もあります。わからないときは、気にとめず、またいつか読み直してみてください。

1.声優無用論(宮崎駿監督の声優は使わない発言やホリエモンの「声優ってスキルいるの?」について) [1309]

2.音高の喉への影響について [1309]

3.理論に基づくトレーニング(発声の原理について、解剖学や生理学に基づいてトレーニングしたい) [1310]

4.あえて”反科学”の勧め(発声に関して科学的なトレーニングの是非について) [1310]

5.ヴォイトレにおけるシャウトの位置づけ(シャウトについて練習やメニュ) [1311]

6.鼻にひびかせること(副鼻腔共鳴) [1312]

7.成り立つということ [1401]

8.ヴォイトレ二極論(1)(「状態の調整と条件づくり」) [1402]

9.ヴォイトレ二極論(2)(メンタルとフィジカルの要素) [1403]

10.ヴォイストレーニングは何を信じてやればよいのか [1404]

11.ヴォイストレーニングの統一化について [1405]

12.ヴォイトレで一人立ちするには [1406]

13.トレーナーによる方法やメニュの違いについて [1505]

14.バランス調整と実力アップ(発声での筋トレ不要論について) [1506]

15.考える技術と感じるアート[1604]

16.鍛える[]

17.まねで教えること[]